平成27年度 岡山医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2350 458 285 510 591 1005 2429 3083 2117 243
 当院は、地域医療支援病院、総合周産期母子医療センター、地域がん診療連携拠点病院、地域災害拠点病院として、また国立病院機構としての政策医療(がん、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、救急医療、災害時医療、周産期医療、小児医療 )、移植医療(腎移植、骨髄移植)、運動器医療、難病医療 など総合的で高度な急性期医療を提供しています。
 平成27年度の全退院患者数は13,071人です。なかでも最も多い年齢層は70歳~79歳が多く3,083人となっています。割合としては高齢者が多く、60歳以上の患者数が60.2%を占めています。
 また、総合周産期母子医療センターを有していることから、0歳~9歳の患者数も2,350人と多く、全体の18.0%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 151 13.41 15.35 1.32% 61.30
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 92 18.76 17.69 1.09% 74.08
130010xx97x2xx 急性白血病 手術・処置等2-2あり 70 36.57 43.59 4.29% 63.83
 当院の内科としては、糖尿病・代謝内科、血液内科、腎臓内科、総合診療科を指しています。
 1位は、2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)で、151件です。
 2位は、非ホジキンリンパ腫です。化学療法目的の入院がほとんどです。入院で施行後、毒性などが認容可能であれば外来通院治療に切り替えています。次いで多いのは、急性白血病です。急性白血病の治療は強力な化学療法であり、高度の好中球減少による易感染性、高度の血小板減少による出血傾向を来すため、無菌室入室および輸血、抗菌薬などの支持療法による厳重な入院管理が必要です。病状も重篤な状況が多く、在院日数が長くなります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 380 2.57 3.07 0.26% 72.58
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 321 3.21 4.87 0.93% 71.84
04026xxx9910xx 肺高血圧性疾患 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 237 3.18 5.86 0.00% 63.52
 最も多い症例は、狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾患に対するカテーテル治療・カテーテル検査目的の入院で、全入院患者さんの約4割を占めます。多くは心臓病専門施設では対応困難な複数の疾患が併存した方が多いのが特徴です。
 2番目に多いのは、肺高血圧症に対する検査、治療のための入院です。肺高血圧症は厚生労働省の指定難病で、当院は国内有数の肺高血圧症の専門治療施設です。中国四国地方のみならず、全国から紹介患者さんが来院され、当院で治療を受けられています。
小児科・新生児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 244 6.05 5.72 0.41% 3.40
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 118 5.37 5.54 0.85% 2.06
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術・処置等2なし 副傷病なし 113 7.53 6.17 1.77% 0.03
 当科では、肺炎、気管支炎といった呼吸器感染症の症例が多くなっています。肺炎の患者さんの平均年齢は4歳未満であり、小さなお子さんの呼吸器治療の重要性が分かります。インフルエンザなど明らかなウイルス性呼吸器感染症の患者さんの平均年齢は2歳前後であり、さらに低年齢傾向にあります。特にインフルエンザなどでは年少児において早期に対処する必要があります。
 なお、退院後はかかりつけの医院に退院後のフォローをお願いしており、小児科から他の病院に転院することはめったにありません。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 38 11.26 7.84 5.26% 69.16
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 37 17.78 17.41 13.51% 74.14
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 手術・処置等2なし 34 7.88 11.63 2.94% 66.79
 最も多い症例は、胆嚢炎です。胆石症から胆嚢炎に移行する場合もありますし、胆石がなくとも急性胆嚢炎を起こす場合もあります。胆石症に対しては待機的な腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行し、緊急の急性胆嚢炎に関しては、常時救急対応を行っています。緊急手術においても、まず腹腔鏡手術を行っており、腹腔鏡で困難な場合には開腹での胆嚢摘出術を行っています。
 大腸の悪性腫瘍に対しては、消化器内科と協力して積極的に腹腔鏡手術を行っています。早期~進行性の大腸がんに至るまで、様々な術式に腹腔鏡手技を応用しています。最近では直腸がん症例が増加しており、肛門をできるだけ温存するような手術や、根治的切除を目指して骨盤内の丁寧なリンパ節郭清を行っています。
 乳がんに対しては、診断から治療に至るシームレスな対応を行っています。乳房温存療法など手術によるダメージが少ない縮小手術を行っています。また、長期的な術後の経過観察を行い、抗がん剤投与による化学療法も外科で担当しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術・処置等2-1あり 130 2.05 3.11 1.54% 71.28
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 120 18.93 28.70 80.83% 82.29
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 106 20.63 27.21 52.83% 76.87
 当科では、脊柱管狭窄症の治療目的に入院される患者さんが最も多くなっています。脊椎外科は当院整形外科における特徴のひとつで、全国から患者さんが集まっております。
 また、近年の高齢化社会を反映して、高齢患者さんの転倒受傷による大腿骨近位部骨折や、膝関節の軟骨が摩耗することにより生じる、変形性膝関節症に対する人工関節手術を受けるための入院患者さんが多くなっております。特に大腿骨近位部骨折の患者さんは、可能な限り受傷早期に手術を行い、術後問題なくリハビリテーションが可能な状態になれば、地域連携パスを利用してリハビリテーション専門病院へ転院することが多くなっております。
 変形性膝関節症の患者さんは、術後早期からのリハビリテーションで、早期に生活動作獲得を目指しておりますが、十二分な活動性を獲得するために、転院してリハビリテーションを継続される患者さんも約半数おられます。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 41 10.00 9.88 0.00% 7.98
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 手術・処置等1なし 15 4.60 4.38 0.00% 8.40
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 12 2.92 3.26 0.00% 2.33
 当院における形成外科の患者さんは小児症例が大半を占めています。なかでも小児先天異常が多く、診断群分類は多種多様に及んでおります。なかでも成人するまでに数回の手術(唇裂手術、口蓋裂手術、外鼻変形手術、顎裂部腸骨移植術)を要する口唇顎口蓋裂の入院が増加する傾向にあります。また小児母斑や血管腫に対するレーザー治療(Qスイッチ付きルビーレーザー、色素レーザー)も積極的に行っており、照射範囲が広い場合には入院、全身麻酔下での照射や切除術を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 8.94 10.02 0.00% 78.88
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 8.29 11.91 0.00% 72.43
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 8.85 7.52 23.08% 50.62
 脳神経外科の入院は、上位2つは慢性硬膜下血腫に対する手術入院であり、原因としての外傷が特定される場合と、されない場合に分かれております。予後はほとんどの場合改善するため、転院を要することはまれで、自宅に帰ることができております。またその他の頭部外傷の入院も多いのですが、ほとんどの場合が手術を必要とせず、平均して1週間程度の経過観察入院で退院されておられます。但し、後遺症に対して更なるリハビリを要することもあり、この場合は転院して頂いております。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術・処置等2なし 79 13.92 13.03 0.00% 70.61
040200xx01x00x 気胸 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 9.67 9.68 0.00% 23.83
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 手術・処置等2なし - - - - -
 当科の入院は、ほとんどが手術目的です。肺や縦隔の悪性腫瘍の手術による治療が中心ですが、最も多い症例は肺がんや転移性肺腫瘍(がん)等の肺の悪性腫瘍に対する手術です。ほとんどの患者さんは、あらかじめ呼吸器内科に入院し、検査を行い、手術適応を判断した後に呼吸器外科に入院し、手術で治療し、短期間の入院で退院します。良性疾患に対する手術は、自然気胸や難治性気胸や良性の肺腫瘍・縦隔腫瘍に対する手術を短期間の入院で行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術・処置等2なし 18 21.89 13.19 5.56% 80.00
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 3.29 3.07 0.00% 76.06
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術・処置等1なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 17 33.47 25.69 17.65% 75.12
 当科では、心臓・大動脈疾患に対する手術治療と末梢血管疾患に対する診断と治療を行っています。スタッフ3名とレジデント2名の計5人で24時間365日体制で、診療・治療にあたっています。救急患者さん対応に対しては、循環器内科、麻酔科、救急科、放射線科、臨床検査科、臨床工学技士、ナーシングスタッフ等のみなさんの協力を得て可能となっています。
 心臓に対する手術治療は、先天性心疾患、虚血性心疾患、心臓弁膜症、不整脈疾患などに対して行われます。冠動脈疾患に対するバイパス術は、人工心肺を使用する標準術式から、人工心肺を使用しない低侵襲のオフポンプまで行っています。大動脈疾患は、大動脈瘤、大動脈解離症などが手術適応となります。大動脈瘤症例に対しては、適応が合えばステントグラフト手術を選択しています。末梢血管疾患は、閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤症例が多く、侵襲が少ない治療方法を選択しています。下肢静脈瘤に対しても、切らずに治す血管内焼灼術を取り入れています。患者さん一人一人に合った治療を考え丁寧な説明をし、同意を得てから治療にあたっています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 71 2.15 3.32 1.41% 3.01
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア 38 2.34 8.85 0.00% 2.32
14056xxx99xxxx 先天性水腎症、先天性上部尿路疾患 38 2.63 4.75 0.00% 1.79
 停留精巣は紹介の時期によっては遅れる場合もありますが、基本的には1歳から1歳半を目安に根治手術を行っております。入院期間は1泊2日です。
 また、呼吸器や消化器の外科疾患以外にも小児泌尿器科疾患を多数扱っており、先天性の水腎症や水腎水尿管症の診断を行い、必要な患者さんには手術的な治療も多く行っております。先天的に上部尿路に拡張を認める疾患は自然に改善する場合が多いため、治療の適応に関しては慎重に判断する必要があります。治療は、腎盂形成術や膀胱尿管吻合術など病態に合わせた手術を行います。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 24 2.58 7.99 0.00% 67.29
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術・処置等2なし 片眼 18 2.28 8.62 0.00% 62.11
020160xx97xxx0 網膜剥離 片眼 14 4.57 11.08 0.00% 54.57
 実際に眼科に入院される患者さんは圧倒的に白内障手術目的の方が多いのですが、白内障手術を受けられる方の治療費は短期滞在手術等基本料で計算されますので、この統計には含まれていません。
 上記に掲載された物は全て、治療に硝子体手術を行ったものです。実際の疾患名は、黄斑円孔、黄斑前膜、増殖糖尿病網膜症、裂孔原性網膜剥離、増殖性硝子体網膜症等になります。
 平均在院日数が自院で短縮されている理由は、最近の治療方法では手術終了時点で術後経過が予測できますので、経過良好と予測された患者さんには、早期退職の希望に応じたためと思われます
 眼科の他の診断群分類としては、疾患名で眼科領域の悪性腫瘍、良性腫瘍、緑内障等がありますが、特に腫瘍は当院の特色となっています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 158 6.92 8.20 0.00% 17.24
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 37 9.41 7.76 0.00% 57.46
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 手術・処置等2-4あり 34 14.03 14.34 5.88% 57.68
 最も多く扱う症例は、口蓋扁桃やアデノイドに対する治療です。入院で手術を行っています。また長引く慢性副鼻腔炎に対しても内視鏡下鼻内副鼻腔手術を入院で行っています。また耳鼻咽喉領域の悪性腫瘍に対して放射線・抗がん剤・手術を組み合わせて治療しています。
 慢性扁桃炎や慢性副鼻腔炎、慢性中耳炎などの慢性炎症に対する各種治療、頭頸部悪性腫瘍の治療、頭頸部良性腫瘍の手術なども積極的に提供しています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 97 13.67 18.08 28.87% 74.88
010160xx99x10x パーキンソン病 手術・処置等2あり 副傷病なし 33 7.27 21.49 0.00% 74.21
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 28 11.64 19.87 10.71% 55.46
 最も多い症例は、脳梗塞です。当院では急性期治療を行い、さらにリハビリが必要な場合は、回復期リハビリテーション病院へ転院になります。次に多いのがパーキンソン病です。入院して精査を行います。診断をつけて、主に外来で薬物調整を行います。3番目に多いのが慢性炎症性脱髄性多発神経炎やギラン・バレー症候群などの末梢神経障害です。診断、治療を行い、リハビリが必要な場合は、転院をしてさらにリハビリを行います。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 手術・処置等1なし 26 2.88 4.38 0.00% 51.15
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 手術・処置等2なし 11 5.00 10.49 9.09% 79.64
080011xx99xxxx 急性膿皮症 11 11.00 11.97 0.00% 67.82
 当院では皮膚腫瘍の診断および治療に重点を置いており、入院加療の必要な「皮膚の良性新生物」および「皮膚の悪性腫瘍」の患者さんの入院比率が高いです。病状に応じた適切な治療を行い、短期間で外来通院へ切り替えられるよう心掛けています。なお、これら以外にも、再建術を伴った症例(処置等あり)、頭頸部悪性腫瘍、黒色腫、軟部腫瘍、等の類似DPCコード疾患患者さんが多数入院しています。「急性膿皮症」には入院のうえ抗菌薬の点滴静注を要した丹毒や蜂窩織炎が含まれます。なお、ここには壊死性筋膜炎やガス壊疽は含まれません。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 117 6.01 7.59 0.00% 74.12
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 31 7.23 10.25 3.23% 71.74
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 手術・処置等2なし 31 12.06 14.03 0.00% 68.16
 膀胱腫瘍に対する手術や化学療法のための入院が最も多い症例となっています。膀胱腫瘍は良性のものと悪性のものがありますが、入院加療が必要となるのは悪性がほとんどです。まずは経尿道的膀胱腫瘍切除術を行います。当院では術後早期の退院を目指し、病理組織結果は外来通院で説明しています。この結果にて、追加治療が必要となることがあります。
 次いで、前立腺肥大症や前立腺がんの入院が多くなっています。高齢化に伴い、前立腺疾患は増加傾向にあります。排尿障害を呈する前立腺肥大症は、具体的には頻尿や排尿困難、尿失禁といった症状をもたらし、男性にとって生活の質を低下させます。前立腺がんは、最近ではPSA検診が普及し早期発見が可能となり、手術にて完治することが可能です。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術・処置等2なし 38 32.05 20.87 15.79% 30.21
120140xxxxxxxx 流産 28 3.39 2.34 0.00% 34.39
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 20 10.70 6.56 10.00% 34.50
 当院は総合周産期母子医療センターに指定されているため、多数の重症患者さんの紹介や母体搬送があります。周産期領域での最大の問題点は早産であり、紹介されてきた重症切迫流早産患者さんの管理が周産期センターの中心を占めます。妊娠週数の早い段階での紹介・入院も多いため、在院日数が長くなる傾向があります。また、胎児発育が不良である子宮内胎児発育遅延症例や、前置胎盤・低置胎盤を初めとした胎盤の位置異常症例の紹介も多く、慎重な入院管理を必要とする症例です。
 流産は産科領域で日常的に遭遇する代表的疾患ですが、当院では母体に合併症のある症例や、前期破水など産科的異常を認めた症例が流産に至るケースもまれではありません。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 12 5.42 6.50 0.00% 39.42
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 12 13.58 10.18 0.00% 49.58
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術・処置等2-5あり 副傷病なし - - - - -
 多くの入院患者さんは、手術を目的としたもので、最も多いものは卵巣の良性腫瘍で、若い女性に多い病気です。主に腹腔鏡を用いた手術を行っており、入院期間は基本的には5日間です。子宮筋腫など子宮の良性疾患に対する手術のための入院も同様に多く、こちらは開腹手術が多いため、在院日数が長くなっています。
 続いて多いのは卵巣がんに対する化学療法目的の入院です。外来化学療法も行っておりますが、入院で行う方も多く、当院では基本的に投与日前後あわせて3日間の入院治療を行っています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 202 3.49 3.29 0.00% 72.59
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 126 18.08 13.38 3.17% 69.44
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 84 13.02 14.34 7.14% 69.85
 「肺の悪性腫瘍 手術・処置1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし」とは「肺がんの検査」のために入院された患者さんであり、その多くは「気管支鏡検査」および「CTガイド下生検」によるものです。また、「肺の悪性腫瘍 手術・処置1なし 手術・処置等2-4あり」とは「肺がんの化学療法」の目的で入院された患者さんです。年間約1000人の入院患者さんのうち、約30%以上が肺がん患者さんです。当院は「地域がん診療拠点病院」であり、様々な専門的治療を行っています。「手術治療」「放射線治療」「抗がん剤・免疫治療」以外にも、がんによる気道狭窄に対するインターベンション治療として、硬性鏡や気管支鏡と用いた「ステント」治療を積極的に行っています。
 呼吸器感染症、特に市中肺炎は地域の方々にとって、最も身近な病気の一つです。当科では、時間外や救急外来からの緊急入院に対応しています。肺炎のデータに関しては、「成人市中肺炎の重症度別患者数等」もご参照ください。
 また近年、「非感染性肺炎(間質性肺炎・肺線維症)」の患者さんも増加しています。「間質性肺炎・肺線維症」は原因不明で、治療法も確立していないものが多く、治療に難渋することがありますが、そのような病気に対しても、最新の専門的な治療を行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 副傷病なし 99 2.95 2.76 0.00% 66.74
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 81 9.58 10.93 7.41% 75.89
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 手術・処置等2なし 53 7.51 9.20 1.89% 73.00
 最も多い症例は、大腸ポリープや大腸腺腫に対する内視鏡治療(ポリペクトミー、粘膜切除術など)です。内視鏡を用いて大腸内にできた腺腫やポリープなどの腫瘍を摘出する治療です。
 次いで、胆管結石や胆管炎といった胆道疾患が多く、胆管結石で胆管が詰まって、炎症を生じる症例で、胆管にチューブを入れて胆管の詰まりを解除したり、結石を除去する等の内視鏡治療や経皮的治療を行っています。
 その次には、早期胃がんに対して、内視鏡を用いて、早期胃がんの部分をはぎ取る粘膜下層剥離術(ESD)などの治療となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 61 14 14 33 32 48 1 7
大腸癌 12 10 36 15 69 124 1 7
乳癌 19 - - - 18 39 1 7
肺癌 78 51 113 163 10 134 1 7
肝癌 - - - - 10 38 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 平成27年4月1日から平成28年3月31日までの1年間に、岡山医療センターを退院された患者さんを対象とし、延べの患者数で集計しています。5大がんとは、日本人に比較的頻度の高い肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、肝がんの5つのがんを示します。
 がんの大きさや拡がりを分類するためには、国際対がん連合(UICC)のTNM分類(第7版)を用います。病期(ステージ)は、T因子:がんがどのくらいの大きさになっているか、N因子:周辺のリンパ節に転移しているか、M因子:別の臓器への転移があるか、の3つの要素を組み合わせて決められます。このTNMの各因子の状況によって、病期を大ざっばにいうと0期~IV期の5つに分類します。0期に近いほど、がんが小さくとどまっている状態、IV期に近いほどがんが拡がっている状態です。今回の集計では、0期は除外しています。また、集計値が10未満以下の場合は、数値を記載せず、"―"(ハイフン)で表記しています。
 5大がんの個々の集計値は、あくまで延べの患者数ですので誤解しないようにして下さい。すなわち1人の患者さんが6回入退院して治療を受けた場合、人数は6人と集計されますので、各病期の人数の多寡は、実際の病期の実人数というわけではありません。また、病期不明が多いのも、入院中の検査のみでは病期が確定できなかったという場合も多々ありますので、実際に病期が確定しなかった患者数というわけではない点に注意が必要です。  
 なお、「初発」と「再発」の区分に関しては、もともとの言葉の定義自体が曖昧で不明確であったため、担当医の解釈にブレを生じています。「増悪」の場合に、「初発」と解釈する担当医と「再発」と解釈する担当医の両者が存在するため、今後は定義を明確にし、コンセンサスが得られる形で集計を行っていきたいと考えています。
<肺がん>
 肺がんは近年増加傾向にあり、呼吸器内科、呼吸器外科では多くの患者さんの治療を行っています。新規に肺がんと診断され、治療を受ける患者さんは年間約150人ぐらいです。I、 II期では外科的治療が主体となりますので入院回数は少なく、逆にIII、 IV期では抗がん剤を使った化学療法(内科的治療)が主体となるため入院回数は多くなる傾向にあります。したがって、各病期に示された人数は各病期の頻度とは無関係です。また前に述べたように「再発」に関しては、もともとの言葉の定義自体が曖昧で不明確であったため、担当医の解釈にブレを生じています。肺がんが「増悪」した場合に、「初発」と解釈する担当医と「再発」と解釈する担当医の両者が存在するため、この「再発」の項に示された人数は、実情を正しく反映しているわけではありません。
<胃がん・大腸がん・肝がん>
 当院の消化器内科・消化器外科で胃がん・大腸がん・肝臓がんの患者さんの診療にあたっています。近年、内視鏡治療の進歩により胃がん・大腸がんのI期の患者さんの割合が増加する傾向にあります。UICC病期分類不明の患者さんの大半は内視鏡手術後早期に退院し、退院後外来にてステージが判明するためと考えられます。特に早期胃・大腸がん内視鏡治療患者さんは進達度診断の判定が退院後になり、入院中は判定出来ません。
 肝臓がんに関しては肝炎治療の進歩により明らかに減少する傾向にあります。特にHCV感染患者さんからの発症減少が著しく、NASHからの発がんが多くなりつつあります。
<乳がん>
 当院で診断、初発の乳がんに関しては、40%がI期で早期乳がんが多い傾向です。診断は入院中につくことが多いです。乳がんの再発症例が多いことについては、乳がんは経過が長いことと、他院での再発症例も受け入れていることによるものです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 27 11.41 55.33
重症度 1 43 14.49 69.19
重症度 2 38 13.97 80.66
重症度 3 19 16.79 79.42
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
 呼吸器感染症、特に市中肺炎は地域の方々にとって、最も身近な病気のひとつです。患者数が最も多いのは中等症(重症度1・2)ですが、軽症患者のほとんどは外来で治療を行うため、入院適応となる患者さんが多くありません。軽症(重症度0)で入院となる患者さんのほとんどは合併症をお持ちで、重症化の危惧のある患者さんが入院されています。
 また、重症化が進むほど、高齢者が増えており、入院日数も長くなっています。高齢者の肺炎は重症で、長期入院となるケースが多いため、肺炎予防が重要であり、インフルエンザや肺炎球菌などのワクチン接種をお勧めします。
 当院で肺炎で入院される患者さんのほとんどは、近医からの時間外や救急外来への紹介患者さんであり、当科では、このような患者さんの緊急入院に対応しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 148 16.16 76.38 33.78
その他 10 13.80 77.00 40.00
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 12 4.17 75.67 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
 脳梗塞等の分類に入る症例は、ほとんどが神経内科に入院されます。当院では脳梗塞急性期治療を行っていますので、発症日から3日以内の症例が最も多くなっています。また、平均年齢が75歳を超えており、いわゆる後期高齢者の割合が増えています。平均して16日程度の入院期間に治療とリハビリを行います。後遺症の程度により、軽度であれば、自宅へ退院されますが、後遺症が重い場合、継続リハビリのために、よりリハビリを専門とする病院に転院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 46 14.04 15.43 17.39% 70.15
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 10 4.70 21.40 0.00% 62.80
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 10 0.80 3.30 0.00% 71.00
 内科領域について手術治療はまれです。しかしながら透析患者さんにおいては、内シャント手術、腹膜透析用のカテーテル腹腔内留置手術は行われています。また、透析患者さんにおいてシャント不全を来した場合は経皮的シャント拡張術・血栓除去術が内科治療として行われています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 252 1.19 2.26 3.17% 71.56
K570-3 経皮的肺動脈形成術 208 2.51 7.70 1.92% 55.56
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 66 1.98 1.67 3.03% 72.53
 最も多い手術は、経皮的冠動脈ステント留置術や経皮的冠動脈形成術といった、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患に対するカテーテル治療です。多くは心臓病専門施設では対応困難な複数の疾患が併存した方が多いのが特徴です。併存症に対して他科と連携を取りながら並行して治療を行っています。緊急入院の上同日治療を行う場合、後日改めて治療を行う場合、検査入院の後一旦退院し再度入院して治療を行う場合というふうに、患者さんの病状やライフスタイルに応じて治療を行っています。2番目に多いのは慢性血栓塞栓性肺高血圧症や末梢型肺動脈狭窄症に対するカテーテル治療である、経皮的肺動脈形成術です。肺高血圧症は厚生労働省の指定難病で、当院は国内有数の肺高血圧症の専門治療施設です。中国四国地方のみならず、全国から紹介患者さんが来院され、当院で治療を受けられています。
小児科・新生児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) 26 0.00 89.81 0.00% 0.00
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 12 0.00 55.33 8.33% 0.00
K386 気管切開術 - - - - -
 早産児・低出生体重児をはじめリスクのある児(胎児心拍異常、胎児超音波異常など)の分娩にしばしば立ち会います。種々の理由により、出生した新生児が、呼吸が十分にできない、顔色が悪い、筋緊張が不十分である、心拍数が低下している、など新生児仮死を呈していることがあり、その程度(仮死1度:アプガースコア 4-6、仮死2度:アプガースコア0-3)に応じて、マスクによる持続陽圧換気、気管挿管による人工換気、胸部圧迫、点滴確保による薬剤投与などの新生児仮死蘇生術を行うことがあります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 77 1.91 6.87 5.19% 68.14
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 68 1.69 3.00 0.00% 69.28
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 36 5.33 12.72 11.11% 72.53
 最も多い手術は、胆石症及び急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術です。待機的な胆石症・胆嚢炎のみならず、救急の場における緊急手術も常時対応しています。術後の合併症率も極めて少なく、緊急手術であっても安全に行っています。
 2番目に多い手術は鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術です。以前より鼠径ヘルニアに対しては前方アプローチによる手技など多くの手術を行っていましたが、近年、腹腔鏡による鼠径ヘルニア手術が増え、全体の8割程度を占めるに至っています。手術によるダメージも少なく、術後の再発率も低く、良好な成績を収めています。
 3番目に多い手術は大腸がんに対する腹腔鏡手術です。早期~進行性の大腸がんに至るまで、様々な術式に腹腔鏡手技を応用しています。最近では直腸がん症例が増加しており、肛門をできるだけ温存するような手術や、根治的切除を目指して骨盤内の丁寧なリンパ節郭清を行っています。開腹手術とほぼ同等の腹腔鏡手術を行っており、身体にかかる負担も少ないため、在院日数も短縮しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 233 1.73 15.93 43.78% 73.24
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 134 2.53 11.31 62.69% 75.15
K1423 脊椎固定術,椎弓切除術,椎弓形成術(後方椎体固定) 107 3.10 20.86 24.30% 68.94
 当科では、人工関節手術を受けられる患者さんが最も多くなっております。変形性関節症の膝や股関節・肩関節の患者さんに行っております。膝関節では、全人工膝関節置換術だけではなく、より侵襲が少なく本来の動きに近い動作が可能な単顆置換術も行っております。股関節においては、より皮膚切開が少なく筋肉への侵襲が少ない小侵襲手術を行っております。また肩関節においては、今まで手術しても成績が良くなかった難治変形性関節症の患者さんにも、リバースタイプの全人工肩関節置換術を行い良好な成績をあげております。
 また、高齢患者さんの骨粗鬆症を基盤に発生する大腿骨近位部骨折や上腕骨近位部の手術が多くなっております。さらには、当院整形外科の特徴である、脊椎外科が行う脊椎固定術・椎弓形成術が多くなっております。患者さんの症状に応じて、固定や神経除圧を組み合わせた手術を行っております。さらに脊椎手術においても、可能な限り小侵襲手術を試み、患者さんの負担軽減を図っております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4073イ 顎・口蓋裂形成手術(顎裂を伴う)(片側) 19 1.00 7.42 0.00% 8.32
K2193 眼瞼下垂症手術(その他のもの) - - - - -
K1002 多指症手術(骨関節,腱の形成を要するもの) - - - - -
 形成外科の特徴として小児先天異常が患者さんの多くの割合を占めております。そのため手術件数も小児の割合が大きくなっております。現在は口唇顎口蓋裂に対する手術や多指症の手術の件数が多くなっています。また小児母斑や血管腫に対する治療も積極的に行っており、広範囲にわたる場合は入院、全身麻酔下での治療を行っています。眼瞼下垂症手術につきましては外来でも手術を行っておりますが、術後ご自宅での生活が不安な患者さんについては入院の上、手術を行っております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 30 0.37 8.30 0.00% 76.57
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) - - - - -
 当科の手術症例は入院数でも上位を占めた、慢性硬膜下血腫に対するものが多く、これは高齢者に多くみられますが、局所麻酔で行うことができ、予後も良好なため、長期の入院となることは少なく、術前の麻痺などの症状はほぼ改善して退院できることが多いです。その他、高齢者の失認などの原因となりうる正常圧水頭症に対してのシャント術も例年一定して行っております。また、当院は多数の診療科でがん治療を積極的に行っていることから、転移性の頭蓋内腫瘍などが見つかる頻度が高く、この手術症例も比較的多くみられます。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 59 2.68 10.32 0.00% 70.83
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 12 5.08 3.58 0.00% 23.83
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 11 2.64 9.09 0.00% 68.09
 入院される患者さんの大半は、手術を目的とされています。肺や縦隔の悪性腫瘍の手術による治療が中心ですが、最も多い症例は肺がんや転移性肺腫瘍(がん)等の肺の悪性腫瘍に対する手術です。ほとんどの患者さんは、あらかじめ呼吸器内科に入院し、検査を行い、手術適応を判断した後に呼吸器外科に入院し、手術で治療し、短期間の入院で退院します。良性疾患に対する手術は、自然気胸や難治性気胸や良性の肺腫瘍・縦隔腫瘍に対する手術を短期間の入院で行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 15 5.47 14.93 0.00% 82.13
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 14 1.00 1.00 0.00% 61.71
K5522 冠動脈,大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 14 8.14 25.57 14.29% 71.86
 心臓に対する手術治療は、先天性心疾患、虚血性心疾患、心臓弁膜症、不整脈疾患などに対して行われます。
 大動脈疾患、特に胸部大動脈疾患は、高齢者が多くかつ手術侵襲が高度なため術後の回復に難渋する症例を認めます。そこで当科では、ステントグラフト治療に積極的に取り組んでいます。本法は、症例によっては侵襲の大きな従来手術に取って代わりうる治療法と考えられており、今後適応症例の増加と術後成績の向上が期待されます。腹部大動脈瘤手術では病変の限局した症例の手術は小開腹法で行い、術後の回復期間の短縮が得られています。
 心臓疾患では、虚血性心疾患の比重が高くなってきていますが、冠動脈バイパス術では脳神経合併症の回避や腎機能障害の軽減を目指して人工心肺非使用の心拍動下手術(オフポンプバイパス術)を積極的に取り入れています。また、心臓弁膜疾患では、患者さんの高齢化によりハイリスク症例が増加していますが、心筋保護法の工夫などにより良好な手術成績を得ています。
 下肢静脈瘤手術は、侵襲の少ない麻酔、手術方法を選択しており、日帰り手術もしくは2~3日入院が可能となっています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 140 0.99 0.27 0.00% 3.17
K836 停留精巣固定術 72 1.00 0.14 1.39% 3.13
K6333 ヘルニア手術(臍ヘルニア) 36 1.00 0.25 0.00% 2.33
 鼡径ヘルニア、停留精巣、臍ヘルニアの手術を多数行っております。6ヶ月未満の児は2泊3日、6ヶ月以上の児は1泊2日の入院です。鼡径ヘルニアは嵌頓の危険性があるため、発症後比較的早期に手術を予定します。腹腔鏡下鼡径ヘルニア根治術は希望がある場合は女児に対しては施行しております。男児に対しては不妊等のリスクが不明なため慎重を期し、採用しておりません。停留精巣は1歳から1歳半頃、臍ヘルニアは大きなもの以外は2歳以上を目安に手術を施行しています。大きな臍ヘルニアは臍の皮膚をフラップにし、渦巻きをつくるカタツムリ法(当科オリジナル)による形成術を施行する場合もあります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合(その他のもの)) 293 0.03 1.06 0.34% 76.62
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 59 0.64 1.80 0.00% 63.42
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - - - - -
 水晶体再建術とは白内障手術のことですが、眼科の手術で最も多くなります。ただ、入院せず外来で行う白内障手術はこの統計には入っていません。現在では外来手術の患者数の方が多くなっています。
 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの)の原因病名は裂孔原性網膜剥離、増殖性硝子体網膜症、増殖糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑前膜などがあります。
 増殖性硝子体網膜症手術の原因病名は増殖性硝子体網膜症、増殖糖尿病網膜症がありますが、手術の進歩により、以前は増殖性硝子体網膜症手術が必要とされていたものが、硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)で治療できるようになり、増殖性硝子体網膜症手術が激減しています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 135 1.10 5.21 0.00% 19.44
K309 鼓膜(排液,換気)チューブ挿入術 35 1.00 0.46 0.00% 4.71
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 35 2.00 6.45 0.00% 55.88
 最も多い手術は、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術です。また小児に対して滲出性中耳炎に対する鼓膜チューブ挿入術も行っております。長期間改善しない慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻内副鼻腔手術(ESS)も積極的に行っております。地域の開業医の先生から紹介で手術を行うことが多くなっており、地域のニーズにあわせて積極的に手術治療を提供しています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 22 0.23 5.14 4.55% 76.91
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 11 0.18 1.18 0.00% 55.00
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 10 0.20 1.30 0.00% 48.70
 皮膚腫瘍の診断および治療に重点を置いており、「皮膚悪性腫瘍切除術」および「皮膚、皮下腫瘍摘出術」の手術比率が高いです。局所麻酔手術は入院同日に施行することを原則としています。また、病状に応じた適切な治療を行い、短期間で外来通院へ切り替えられるよう心掛けています。高齢患者さんが多い皮膚悪性腫瘍切除術後の患者さんは紹介元への転院等も考慮しています。なお、「皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)」以外にも耳介悪性腫瘍手術、外耳道悪性腫瘍手術、女子外性器悪性腫瘍手術、頭皮/頭蓋骨悪性腫瘍手術、皮膚悪性腫瘍切除術(広範切除)、等の悪性腫瘍手術が施行されています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術(電解質溶液利用のもの)) 107 1.18 4.82 0.00% 74.11
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 33 0.97 5.52 3.03% 72.55
K843-3 腹腔鏡下小切開前立腺悪性腫瘍手術 22 1.36 10.05 0.00% 68.55
 最も多い手術は膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)です。尿道から内視鏡を挿入して腫瘍を切除します。当院の特徴は、一塊切除法を取り入れていることです。Transurethral Resection of Bladder Tumor in One-piece(TURBO、ターボ)といいます。TURBOでは、がんを一塊として切除するため、がん細胞を膀胱内に散らす可能性が少なくなります。また、病理診断で、深さや拡がりの診断がさらに正確に行うことができます。
 経尿道的前立腺手術は、排尿障害を呈する前立腺肥大症に対して行う手術です。平成20年からは、経尿道的核出術(TUEB、チューブ)を導入しました。TUEBは、前立腺を被膜に沿って摘出する手術であり、完全な切除を可能にするとともに、血管を根元で止血しますので少ない出血で済むようになりました。
 腹腔鏡下小切開前立腺悪性腫瘍手術は、早期前立腺がんに対して行う手術です。当院では6~8cmの小さい切開にて手術を行っています。術後早期回復および社会復帰が可能となっています。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K895 会陰(陰門)切開及び縫合術(分娩時) 109 8.79 6.93 0.92% 32.71
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 84 22.20 8.42 0.00% 33.52
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 83 7.93 7.82 0.00% 34.39
 経腟分娩時に行う会陰切開術は、ローリスク例であれば必ずしも必要な手術(処置)ではありません。当院は総合周産期母子医療センターに指定されているため、高齢妊娠例、早産例、胎児異常症例が多く、母児双方にとって安全な分娩を目指さなければなりません。分娩時間の短縮等の目的で同手術(処置)が増加することも止むを得ないと感じています。
 帝王切開術は産科領域の代表的な開腹手術です。開腹手術である以上、母体への健康障害を無視することはできません。当院では、児の安全性とのバランスのもと、可能な限り帝王切開を回避するように努めています。当院での帝王切開率は30%程度です。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 14 0.93 3.36 0.00% 38.43
K877 子宮全摘術 11 1.27 11.82 0.00% 53.00
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
 最も多い手術である子宮附属器腫瘍摘出術(腹腔鏡によるもの)は、卵巣・卵管の良性腫瘍に対して行う腹腔鏡を用いた手術のことです。腹腔鏡手術とは臍の周囲からカメラを挿入してお腹の中を観察しながら細長い鉗子を操作して行う手術のことで、切開創が小さく、痛みが少ない、入院期間が短くて済むことがメリットです。
 子宮筋腫など子宮の良性疾患に対して行う子宮全摘術が次いで多く、当院ではほとんど開腹手術のため、前述の腹腔鏡手術と比較して術後日数が長くなっています。
 子宮頸部(腟部)切除術は子宮頸部上皮内がんや、子宮頸部高度異形成(前がん状態のこと)に対して行われる手術で、当院では超音波メスによる子宮頸部円錐切除術を行っております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2CM未満) 132 0.19 1.13 0.76% 66.67
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 90 0.56 1.87 2.22% 67.14
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 66 0.56 10.12 7.58% 76.52
 大腸ポリープや大腸腺腫に対して、内視鏡で切除する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術、内視鏡的大腸ポリープ切除術が1、2番目に多くなっています。典型的な症例では、1泊2日の入院で治療を行っています。
 次いで、胆管疾患に対して、内視鏡的胆道ステント留置術が行われています。これは、胆管結石や腫瘍など様々な病態で胆道が狭窄して胆汁の流れが悪くなった症例に胆汁の流れを良くするためにチューブを胆管に留置する内視鏡治療です。内視鏡的胆管結石除去術などほかの手術の前段階として行われることも多く、術後日数が長くなる傾向があります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 54 0.40
異なる 18 0.13
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 91 0.67
異なる - -
 敗血症とは肺炎、腎盂腎炎などの感染症を起こしている様々な場所から血液中に病原体や毒素が入り、重篤な症状を引き起こした病態です。また、悪性腫瘍の抗がん剤治療によって免疫力が低下した場合に合併することがあります。症状は、悪寒、著しい発熱、倦怠感や臓器障害、血圧低下も見られます。厚生労働省による平成26 年度の全国のDPC 対象病院データ集計では、全症例に対する割合は播種性血管内凝固が0.17%、敗血症は0.56%でした。(平成27 年度の全国データはまだ発表されていません。) 入院時に敗血症となっているのは様々な病気で在宅療養中に感染症を発症し、コントロールできなくなった状態での入院が多いためです。また入院後に敗血症を診断されている方は、治療を行うも全身状態が改善せず、入院時の肺炎や尿路感染症、肝臓や胆道の感染症から敗血症を併発した患者さんなどでした。
更新履歴
2016/09/30
新規公開