トップページ診療・部門の紹介診療科  

内科(血液)

スタッフの紹介

診療科紹介

【診療内容】

当科は常時40~50床を有し(内、無菌治療室22床)、中国・四国地域でもトップクラスの規模を誇っております。国立病院機構・中国地区血液疾患基幹病院として患者様は岡山県全域からは勿論のこと香川県・広島県・兵庫県などからも広くご紹介頂いており、院内他科医師および他職種(看護師、薬剤師、臨床検査技師など)と密接な連携を取りながらチーム医療を実践しております。

1.造血器腫瘍

a.白血病

急性白血病に対しては化学療法、分子標的治療から造血幹細胞移植に至るまで最新の知見に基づいた治療を行っております。慢性骨髄性白血病はチロシンキナーゼ阻害薬(イマチニブ、ニロチ二ブ、ダサチ二ブ、ボスチ二ブ、ポナチ二ブ)による外来治療を行っております。慢性リンパ性白血病に対しては、標準的化学療法のほか、抗体医薬(オファツムマブ、アレムツズマブ)、分子標的薬(イブルチ二ブ)の導入も行っております。

b.悪性リンパ腫

化学療法、抗体医薬(リツキシマブ)および造血幹細胞移植を組み合わせた標準的治療を基本として、個々の病状に応じて最良と考えられる治療の提供を心掛けています。また、マントル細胞リンパ腫に対して、分子標的薬(ボルテゾミブ、イブルチ二ブ)の導入も行っております。

c.多発性骨髄腫

化学療法、分子標的治療(ボルテゾミブ、カルフィルゾミブ、レナリドミド、サリドマイド、ポマリドミド、パノビノスタット)、抗体医薬(エロツズマブ)および造血幹細胞移植まで積極的な治療を行っております。新薬開発治験も積極的に行っております。多発性骨髄腫の診療に関しては、昭和50年代から力を入れており、日本でも有数の専門施設と認められております。

2. その他

再生不良性貧血、骨髄異形成症候群、特発性血小板減少性紫斑病などの血液疾患やHIV診療も行っております。骨髄異形成症候群に関しては、脱メチル化剤といわれるアザシチジン、-5q症候群に対するレナリドミドという薬剤も、当科でも積極的に使用しております。

3. 造血幹細胞移植

当院は骨髄バンクおよび臍帯血バンク認定施設であり、成人の造血幹細胞移植においては岡山県で一番早く導入した実績があります(平成3年に導入)。特に多発性骨髄腫における造血幹細胞移植に関しては開始時期および症例数ともに日本の先駆的な立場にあります。

4. 臨床研究

日本成人白血病研究グループ(JALSG)、日本細胞移植研究会(JSCT)および日本臨床腫瘍グループ(JCOG)などの多施設共同研究に積極的に参加しております。

 

診療実績

【2015年度~2017年度までの診療実績】
1. 入院患者
新入院数
一日平均入院患者数
平均在院日数(日)
2015年度
559
40.0
25.7
2016年度
783
22.0
2017年度
813
24.0
?
2. 延べ入院患者数(主要疾患別)
2015年度
2016年度
2017年度
急性骨髄性白血病
86
65
74
急性リンパ性白血病
8
11
17
慢性骨髄性白血病
2
8
1
慢性リンパ性白血病
9
6
2
悪性リンパ腫
235
337
324
多発性骨髄腫
107
142
183
骨髄異形成症候群
63
17
67
再生不良性貧血
10
8
4
特発性血小板減少性紫斑病
7
11
8
その他
53
178
133

3.新規患者数(主要疾患別)
2015年度
2016年度
2017年度
急性骨髄性白血病
9
8
23
急性リンパ性白血病
2
0
1
慢性骨髄性白血病
12
10
8
慢性リンパ性白血病
6
1
1
悪性リンパ腫
64
69
56
多発性骨髄腫
28
22
22
骨髄異形成症候群
18
30
18
再生不良性貧血
9
6
4
特発性血小板減少性紫斑病
16
14
12

4.造血幹細胞移植数
a.移植ソース別(2015年度~2017年度)
2015年度
2016年度
2017年度
血縁間同種骨髄移植
0
0
0
非血縁者同種骨髄移植
3
4
6
血縁間同種末梢血幹細胞移植
1
1
1
自家末梢血幹細胞移植
6
9
12
臍帯血移植
0
2
2

b.主要疾患別(2015年度~2017年度)
2015年度
2016年度
2017年度
急性骨髄性白血病
2
2
6
急性リンパ性白血病
2
0
2
慢性骨髄性白血病
0
0
0
悪性リンパ腫
1
4
6
多発性骨髄腫
5
7
6
骨髄異形成症候群
0
1
0
再生不良性貧血
0
2
0
その他
0
0
1


【業績(2015年度-2017年度)】

1.英語論文

1) Watanabe T, Tobinai K, Matsumoto M, Suzuki K, Sunami K, Ishida T, Ando K, Chou T, Ozaki S, Taniwaki M, Uike N, Shibayama H, Hatake K, Izutsu K, Ishikawa T, Shumiya Y, Kashihara T, Iida S. A phase 1/2 study of carfilzomib in Japanese patients with relapsed and/or refractory multiple myeloma. Br J Haematol. 2016; 172: 745-756. 2) Matsue K, Iwasaki H, Chou T, Tobinai K, Sunami K, Ogawa Y, Kurihara M, Midorikawa S, Zaki M, Doerr T, Iida S. Pomalidomide alone or in combination with dexamethasone in Japanese patients with refractory or relapsed and refractory multiple myeloma. Cancer Sci. 2015; 106: 1561-1567. 3) Ozaki S, Handa H, Saitoh T, Murakami H, Itagaki M, Asaoku H, Suzuki K, Isoda A, Matsumoto M, Sawamura M, Konishi J, Sunami K, Takezako N, Hagiwara S, Kuroda Y, Chou T, Nagura E, Shimizu K. Trends of survival in patients with multiple myeloma in Japan: a multicenter retrospective collaborative study of the Japanese Society of Myeloma. Blood Cancer J. 2015; 18: e349. 4) Kawamura K, Takamatsu H, Ikeda T, Komatsu T, Aotsuka N, Amano I, Yamamoto G, Watanabe K, Ohno Y, Matsue K, Kouzai Y, Tsukada N, Ishiyama K, Anzai N, Kato K, Suzuki R, Sunami K, Kanda Y. Cord Blood Transplantation for Multiple Myeloma: A Study from the Multiple Myeloma Working Group of the Japan Society for Hematopoietic Cell Transplantation. Biol Blood Marrow Transplant. 2015; 21: 1291-1298. 5) Kusumoto S, Sunami K, Inagaki M, Iida S. Phase I study of pegylated liposomal doxorubicin in combination with bortezomib for Japanese patients with relapsed or refractory multiple myeloma. Int J Hematol. 2015; 101: 578-584. 6) Narita T, Inagaki A, Kobayashi T, Kuroda Y, Fukushima T, Nezu M, Fuchida S, Sakai H, Sekiguchi N, Sugiura I, Maeda Y, Takamatsu H, Tsukamoto N, Maruyama D, Kubota Y, Kojima M, Sunami K, Ono T, Ri M, Tobinai K, Iida S. t(14;16)-positive multiple myeloma shows negativity for CD56 expression and unfavorable outcome even in the era of novel drugs. Blood Cancer J. 2015; 5: doi: 10.1038/bcj.2015.6. 7) Takamatsu H, Honda S, Miyamoto T, Yokoyama K, Hagiwara S, Ito T, Tomita N, Iida S, Iwasaki T, Sakamaki H, Suzuki R, Sunami K. Changing trends in prognostic factors for patients with multiple myeloma after autologous stem cell transplantation during the immunomodulator drug/proteasome inhibitor era. Cancer Sci. 2015; 106: 179-185. 8) Muta T, Miyamoto T, Kamimura T, Kanda Y, Nohgawa M, Ueda Y, Iwato K, Sasaki O, Mori T, Uchida N, Iida S, Fukuda T, Atsuta Y, Sunami K.. Significance of Salvage Autologous Stem Cell Transplantation for Relapsed Multiple Myeloma: A Nationwide Retrospective Study in Japan. Acta Haematol. 2018; 139: 35-44. 9) Maeda Y, Nishimori H, Yoshida I, Hiramatsu Y, Uno M, Masaki Y, Sunami K, Masunari T, Nawa Y, Yamane H, Gomyo H, Takahashi T, Yano T, Matsuo K, Ohshima K, Nakamura S, Yoshino T, Tanimoto M. 2. Dose-adjusted EPOCH chemotherapy for untreated peripheral T-cell lymphomas: a multicenter phase II trial of West-JHOG PTCL0707. Haematologica. 2017; 102 :2097-2103. 10) Tomita N, Yokoyama M, Yamamoto W, Watanabe R, Shimazu Y, Masaki Y, Tsunoda S, Hashimoto C, Murayama K, Yano T, Okamoto R, Kikuchi A, Tamura K, Sato K, Sunami K, Shibayama H, Takimoto R, Ohshima R, Takahashi H, Moriuchi Y, Kinoshita T, Yamamoto M, Numata A, Nakajima H, Miura I, Takeuchi K. 3. The standard international prognostic index for predicting the risk of CNS involvement in DLBCL without specific prophylaxis. Leuk Lymphoma. 2018; 59: 97-104. 11) Ri M, Matsue K, Sunami K, Shimazaki C, Hayashi A, Sunaga Y, Sasaki T, Suzuki K. 4. Efficacy and safety of plerixafor for the mobilization/collection of peripheral hematopoietic stem cells for autologous transplantation in Japanese patients with multiple myeloma. Int J Hematol. 2017; 106: 562-572. 12) Nagai H, Shimomura T, Takeuchi M, Hanada S, Komeno T, Sunami K, Hidaka M, Yano T, Kitano K, Yoshida I, Inoue N, Saito A, Horibe K, Motitani S, Ichihara S, Watanabe T, Sawamura M. 5. Phase II study of intensified rituximab induction and maintenance for low grade B cell lymphoma. Leuk Lymphoma. 2017 ; 58: 2845-2851. 13) Miura K, Konishi J, Miyake T, Makita M, Hojo A, Masaki Y, Uno M, Ozaki J, Yoshida C, Niiya D, Kitazume K, Maeda Y, Takizawa J, Sakai R, Yano T, Yamamoto K, Sunami K, Hiramatsu Y, Aoyama K, Tsujimura H, Murakami J, Hatta Y, Kanno M. 6. A Host-Dependent Prognostic Model for Elderly Patients with Diffuse Large B-Cell Lymphoma. Oncologist. 2017; 22: 554-560.

2.邦文論文

1) 渡邉聡子,山田晴士,朝倉昇司,服部瑞穂,高橋義秋,山鳥一郎,真邊泰宏,角南一貴. 進行する脊髄横断症候と全身状態の急激な悪化を認めた血管内大細胞型B細胞リンパ腫(Intravascular Large B-cell Lymphoma)の1例. 医療 2015; 69: 443-447. 2) 藤原瑠美、笹木 晋、竹山貴久、平櫛恵太、山田晴士、久保西四郎、太田康介、神農陽子.血球貪食症候群を契機に発症した全身性エリテマトーデスと診断された1例.医療 2015; 69: 30-33.

3.総説・その他

1) 角南一貴. 【血液疾患】多発性骨髄腫 意義不明の単クローン性免疫グロブリン血症(MGUS)との鑑別を含めて. Hospitalist. 2015; 3: 894-905. 2) 山田晴士,角南一貴. 【外来で診るリンパ腫・骨髄腫-治癒または長期共存を目指して】骨髄腫診療の進歩診療指針 移植適応例の初回治療戦略. Medicina. 2015; 52: 2161-2164. 3) 角南一貴. 内科疾患の診断基準・病型分類・重症度 第9章 血液 多発性骨髄腫. 臨床雑誌内科; 115: 4) 猪股知子、角南一貴. 抗白血病薬. 日本臨床. 73: 191-194. 5) 角南一貴. 多発性骨髄腫に対する同種造血幹細胞移植. 日本造血細胞移植学会雑誌. 2015; 4: 1-8. 6) 小西 順、角南一貴. 移植適応多発性骨髄腫の初期治療. 日本臨床. 2015; 73: 90-94. 7) 角南一貴. 再発・難治性骨髄腫の治療. 多発性骨髄腫学、2016; 74: 407-415 8) 角南一貴. 多発性骨髄腫の診療指針 第4版. 東京: 文光堂; 2016 9) 角南一貴. EBM 血液疾患の治療 2017-2018. 東京: 中外医学社; 2016 10) 近藤 匠、角南一貴. 再発・難治性多発性骨髄腫に対する治療の現状と展望. 血液内科、2016; 74: 177-185 11) 角南一貴.多発性骨髄腫治療の最前線2017.新規の再発・難治性多発性骨髄腫治療薬 Daratumumabの臨床.血液フロンティア 2017;27:1259-1265. 12) 石川立則、角南一貴.白血病・リンパ腫・骨髄腫 新時代の造血器腫瘍診療.治療 造血器腫瘍の最新治療戦略 多発性骨髄腫に対するこれからの治療戦略.Medical Practice 2017; 34: 1711-1716. 13) 青山一利、角南一貴.慢性疾患となった骨髄腫-どのように診断するか?どのように付き合っていくか?.標準的な治療法とエビデンス 自家造血幹細胞移植適応患者の初期治療 2剤?3剤?4剤? 内科 2017; 20: 901-904. 14) 角南一貴.Chapter 2 各種治療薬の使い方・考え方 2. カルフィルゾミブ. 多発性骨髄腫 新規薬剤の使い方・考え方. 東京: 先端医学社; 2017.

4.学会、研究会

1) 当院における移植非適応の初発多発性骨髄腫患者に対するbortezomib-based regimensの治療成績
松田真幸,山田晴士,猪股知子,小西 順,久保西四郎,朝倉昇司,角南一貴
第40回日本骨髄腫学会学術集会,2015年5月16日,熊本
2) 再発又は難治性の多発性骨髄腫患者を対象としたカルフィルゾミブ(ONO-7057)の国内第Ⅰ/Ⅱ相試験結果
松本守生,渡辺 隆,飛内賢正,鈴木憲史,角南一貴,石田禎夫,安藤 潔,張 高明,尾崎修治,谷脇雅史,鵜池直邦,柴山浩彦,畠 清彦,伊豆津宏二,石川隆之,飯田真介
第40回日本骨髄腫学会学術集会,2015年5月16日,熊本
3) 高齢者再発・難治性多発性骨髄腫に対するweekly bortezomib+DEX療法(JMSG-0902)
尾崎修治,畑 裕之,安倍正博,斉藤貴之,花村一朗,矢野寬樹,角南一貴,小杉浩史,澤村守夫,仲里朝周,増成太郎,森眞由美,高木敏之,清水一之
第40回日本骨髄腫学会学術集会,2015年5月16日,熊本
4) 末梢血幹細胞採取時の健常人ドナーにおけるクエン酸中毒発現、電解質異常についての解析
藤井敬子,石川立則,吉岡尚徳,廻 勇輔,藤原英晃,小林優人,高木尚江,閘 結稀,池田亮,浅野尚美,小郷博昭,藤井伸治,大塚文男
第63回日本輸血・細胞治療学会総会,2015年5月28日,東京
5) 輸血当直における各業務過程の所要時間Turn-around Time(TAT)についての検討
小郷博昭,浅野尚美,池田 亮,閘 結稀,石川立則,吉岡尚徳,小林優人,高木尚江,藤井敬子,藤井伸治,大塚文男
第63回日本輸血・細胞治療学会総会,2015年5月28日,東京
6) 限局期CD5陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の治療成績についての検討
中村 真,藤原英晃,清家圭介,三道康永,石川立則,西森久和,松岡賢市,近藤英生,藤井伸治,前田嘉信,谷本光音
第55回日本リンパ網内系学会総会,2015年7月9日,岡山
7) イマチニブ療法に対して難治性であったRosai-Dorfman病の2症例 症例報告と文献考察(Two cases of Rosai-Dorfman Disease refractory to Imatinib therapy:Case report and review of literature)
谷 勝真,藤井伸治,石川立則,山本宣和,塩手康弘,佐伯恭昌,清家圭介,三道康永,中村真,藤原英晃,西森久和,松岡賢市,近藤英生,前田嘉信,谷本光音,高田尚良,吉野 正
第55回日本リンパ網内系学会総会,2015年7月9日,岡山
8) Treatment of bortezomib-based regimens for transplant-ineligible NDMM:a single center experience
Masayuki Matsuda,Jun Konishi,Haruto Yamada,Masaaki Nishinohara,Shiro Kubonishi,Masanori Makita,Kazutaka Sunami
第77回日本血液学会学術集会,2015年10月17日,石川
9) Revised International Staging System: a multicenter study of the Japanese Society of Myeloma
Shuji Ozaki,Takayuki Saitoh,Hiroshi Handa,Hirokazu Murakami,Kenshi Suzuki,Naoki Takezako,Jun Konishi,Kazutaka Sunami,Yoshiaki Kuroda,Mitsuhiro Itagaki,Hideki Asaoku,Kazuyuki Shimizu,Eiichi Nagura
第77回日本血液学会学術集会,2015年10月17日,石川
10) Tandem autologous vs. autologous/allogeneic transplantation for myeloma・Propensity score analysis
Koji Kawamura,Takashi Ikeda,Shotaro Hagiwara,Takehiko Mori,Atsushi Shinagawa,Kaichi Nishiwaki6,Kazuteru Ohashi,Shiro Kubonishi,Tatsuo Ichinohe,Koji Kato,Yasuo Morishima,Yoshiko Atsuta,Kazutaka Sunami,Yoshinobu Kanda
第77回日本血液学会学術集会,2015年10月17日,石川
11) A retrospective single institute analysis of azacitidine treatment for 110 patients
Kazuhiko Yamamoto,Yoshitaka Hara,Yuuki Osada,Kazuhiro Ikeuchi,Yoshikazu Yamamoto,Daigo Niiya,Yasuhiro Shiote,Masanori Makita,Kenji Imajo
第77回日本血液学会学術集会,2015年10月17日,石川
12) Azacitidine treatment for the patients with AML with MRC: 30 cases in our institute
Yuki Osada,Kazuhiko Yamamoto,Yoshitaka Hara,Kazuhiro Ikeuchi,Yoshikazu Yamamoto,Daigo Niiya,Yasuhiro Shiote,Masanori Makita,Kenji Imajo
第77回日本血液学会学術集会,2015年10月17日,石川
13) Combination therapy with voriconazole plus micafungin for invasive pulmonary aspergillosis
Yui Kambara,Katsuma Tani,Ken-ichi Matsuoka,Yasuhisa Sandou,Makoto Nakamura,Tatsunori Ishikawa,Hideaki Fujiwara,Yusuke Meguri,Hisakazu Nishimori,Nobuharu Fujii,Eisei Kondou,Yoshinobu Maeda,Mitsune Tanimoto
第77回日本血液学会学術集会,2015年10月17日,石川
14) Intra-bone marrow injection of uCBT improves graft engraftment compared with intravenous injection
Keisuke Seike,Tatsunori Ishikawa,Hideaki Fujiwara,Makoto Nakamura,Yasuhisa Sando,Yusuke Meguri,Hisakazu Nishimori,Kenichi Matsuoka,Eisei Kondo,Nobuharu Fujii,Yoshinobu Maeda,Mitsune Tanimoto
第77回日本血液学会学術集会,2015年10月17日,石川
15) A New Prognostic Model for Elderly Patients with Diffuse Large B-Cell Lymphoma Treated with R-CHOP
Katsuhiro Miura,Jun Konishi,Takaaki Miyake,Masanori Makita,Atsuko Hojo,Yasufumi Masaki,Masatoshi Uno,Jun Ozaki,Chikamasa Yoshida,Daigo Niiya,Koichi Kitazume,Yoshinobu Maeda,Jun Takizawa,Rika Sakai,Yuichiro Nawa,Tomofumi Yano,Kazuhiko Yamamoto,Kazutaka Sunami,Yasushi Hiramatsu,Kazutoshi Aoyama,Hideki Tsujimura,Yoshihiro Hatta,Masatoshi Kanno
57th ASH Annual Meeting,2015年12月5日,Orlando
16) Interim Analysis of Phase II Study of the Bortezomib-Melphalan-Prednisolone Induction Therapy Followed By Lenalidomide-Plus-Dexamethasone Consolidation and Lenalidomide Maintenance in Non-Transplant Eligible Patients with Newly Diagnosed Symptomatic Multiple Myeloma
Tadao Ishida,Hideo Kimura,Koumei Kubo,Kazutaka Sunami,Shuji Ozaki,Naoki Takezako,Hiroshi Handa,Hiroshi Kosugi,Hirokazu Murakami,Kazuyuki Shimizu
57th ASH Annual Meeting,2015年12月5日,Orlando
17) A Revised International Staging System of Multiple Myeloma in the Era of Novel Agents and Autologous Stem Cell Transplantation in Japan: A Multicenter Retrospective Collaborative Study of the Japanese Society of Myeloma
Shuji Ozaki,Takayuki Saitoh,Hiroshi Handa,Hirokazu Murakami,Kenshi Suzuki,Naoki Takezako,Jun Konishi,Kazutaka Sunami,Yoshiaki Kuroda,Mitsuhiro Itagaki,Hideki Asaoku,Eiichi Nagura,Kazuyuki Shimizu
57th ASH Annual Meeting,2015年12月5日,Orlando
18) MM-011: A Phase 2 Study of Pomalidomide Plus Low-Dose Dexamethasone in Patients with Relapsed and Refractory Multiple Myeloma in Japan
Shotaro Hagiwara,Shinichiro Okamoto,Kosei Matsue,Shinsuke Iida,Kazutaka Sunami,Takuya Komeno,Kenshi Suzuki,Kiyoshi Ando,Masafumi Taniwaki,Kensei Tobinai,Takaaki Chou,Hitomi Kaneko,Hiromi Iwasaki,Chie Uemura,Hiromi Tamakoshi,Mohamed H Zaki,Thomas Doerr,Yoshiaki Kuroda,Tatsuo Ichinohe
57th ASH Annual Meeting,2015年12月5日,Orlando
19) 難治性侵襲性アスペルギルス症に対しcaspofunginが有効であった急性リンパ性白血病の1例
福見拓也,西之原正昭,松田真幸,山田晴士,久保西四郎,牧田雅典,角南一貴
第113回日本内科学会中国地方会,2015年12月12日,広島
20) 重度な血小板減少、発熱を伴った二次性骨髄線維症に対しルキソリチニブが著効した一例
胡谷侑貴,牧田雅典,松田真幸,石川立則,西之原正昭,久保西四郎,角南一貴,都地友紘,神農陽子
第55回日本血液学会中国四国地方会,2016年3月12日,愛媛
21) IgG4関連疾患に合併した涙嚢原発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫
福見拓也,牧田雅典,松田真幸,石川立則,西之原正昭,久保西四郎,角南一貴
第114回日本内科学会中国地方会,2016年5月7日,岡山
22) 初発症候性多発性骨髄腫の治療成績
松田真幸,石川立則,西之原正昭,久保西四郎,牧田雅典,角南一貴
第41回日本骨髄腫学会学術集会,2016年5月29日,徳島
23) 未治療移植適応多発性骨髄腫における治療戦略
角南一貴
第78回日本血液学会学術集会,2016年10月12日,神奈川
24) Elotuzumab with lenalidomide/dexsmethasone for multiple myeloma:ELOQUENT-2 Japanese subanalysis
角南一貴
第78回日本血液学会学術集会,2016年10月14日,神奈川
25) Influence of the soluble interleukin-2 receptor on the prognosis of diffuse large B-cell lymphoma
角南一貴
第78回日本血液学会学術集会,2016年10月12日,神奈川
26) びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫完全寛解後に赤芽球癆を経て自己免疫性溶血性貧血を発症した1例
兼澤弥咲,石川立則,福見拓也,高須賀裕樹,近藤匠,松田真幸,西之原正昭,青山一利,牧田雅典,角南一貴
第115回日本内科学会中国地方会,2016年11月26日,岡山
27) 再発難治性慢性リンパ性白血病(CLL/SLL)に対してIbrutinibが奏効した1例
寒竹倫子,松田真幸,牧田雅典,高須賀裕樹,福見拓也,近藤匠,石川立則,西之原正昭,青山一利,角南一貴
第115回日本内科学会中国地方会,2016年11月26日,岡山
28) ポマリドミド抵抗性膵浸潤髄外腫瘤を超音波内視鏡下吸引針生検(EUS-FNA)で診断し、VTD-PACE療法が奏功した多発性骨髄腫
三道幹大,青山一利,松田真幸,若槻俊之,秋元悠,田中健大,高須賀裕樹,福見拓也,近藤匠,石川立則,西之原正昭,牧田雅典,角南一貴
第115回日本内科学会中国地方会,2016年11月26日
29) 未治療症候性多発性骨髄腫に対する新規薬剤を用いた寛解導入療法、自家末梢血幹細胞移植、地固め 維持療法の有効性と安全性を確認する第Ⅱ相臨床研究(JSCT-MM12) : 最終解析
角南一貴
第39回日本造血細胞移植学会総会,2017年3月3日,島根
30) 髄膜浸潤を伴った難治性形質細胞白血病に対し、 pomalidomide が奏功した 1 例
松田真幸,高須賀裕樹,福見拓也,近藤匠,石川立則,西之原正昭,青山一利,牧田雅典,角南一貴
第56回日本血液学会中国四国地方会,2017年3月11日,岡山
31) ポマリドミド抵抗性膵浸潤髄外腫瘤を超音波内視鏡下吸引針生検(EUS-FNA)で診断し、VTD-PACE療法が奏功した多発性骨髄腫
三道 幹大,青山一利,松田真幸,若槻俊之,秋元悠,田中健大,高須賀裕樹,福見拓也,近藤匠,石川立則,西之原正昭,牧田雅典,角南一貴
第42回日本骨髄腫学会学術集会,2017年5月28日,東京
32) 肺炎球菌ワクチン接種後に急性胸膜炎・腎障害を発症した1例
髙須賀 裕樹
第116回日本内科学会中国地方会,2017年6月3日,山口
33) 髄膜浸潤を伴った難治性形質細胞白血病に対し、pomalidomideが奏功した1例
福見 拓也,松田真幸,高須賀裕樹,近藤匠,石川立則,西之原正昭,青山一利,牧田雅典,角南一貴
第15回日本臨床腫瘍学会学術集会,2017年7月27日,兵庫
34) 再発または難治性の多発性骨髄腫に対するPomalidomide+low dose Dexamethasone療法の後方観的検討
福見 拓也
第79回日本血液学会学術集会,2017年10月21日,東京
35) A retrospective analysis of GCD therapy for relapsed or refractory DLBCL, single center experience
青山一利
第79回日本血液学会学術集会,2017年10月21日,東京
36) 多発性骨髄腫に対する自家末梢血幹細胞採取の検討
角南一貴,淵田真一,松本守生,長藤宏司,宮本敏浩,大本英次郎,高松博幸,村山徹,藤島直仁,上村智彦,湯尻俊昭,木口亨,村田了一,足立陽子,赤司浩一,原田実根
第40回日本造血細胞移植学会総会,2018年2月3日,北海道
37) メソトレキセート関連リンパ増殖性疾患として、末梢血中に形質細胞増多を伴う血管免疫芽球性T細胞リンパ腫を発症した一症例
村上裕之,牧田雅典,高須賀裕樹,福見拓也,石川立則,吉岡尚徳,角南一貴
第57回日本血液学会中国四国地方会,2018年3月3日,島根
38) 当施設におけるAzacitidine療法の後方視的解析
高須賀裕樹,村上裕之,福見拓也,石川立則,吉岡尚徳,牧田雅典,角南一貴
第57回日本血液学会中国四国地方会,2018年3月3日,島根

5.講演

1)造血器腫瘍におけるB型肝炎再活性化予防
牧田雅典
和気医師会学術講演会,2015年11月26日,備前市
2)全身真菌感染症を合併し、カンサイダスが有効であった急性リンパ性白血病の一例
牧田雅典
Caspofungin Expert Forum,2015年8月22日,東京都
3)難治性侵襲性アスペルギルス症に対しcaspofunginが有効であった急性リンパ性白血病の1例
西之原正昭
感染症講演会 in Okayama 2015,2015年11月25日,岡山市
4)多発性骨髄腫におけるポマリドミド治療
角南一貴
Multiple Myeloma Forum in Kanagawa,2015年5月19日,横浜市
5)多発性骨髄腫治療における免疫調節薬について
角南一貴
Chiba Myeloma Seminar,2015年5月23日,千葉市
6)多発性骨髄腫治療における免疫調節薬について
角南一貴
大分県IMiDs講演会,2015年5月29日,大分市
7)多発性骨髄腫の治療 - 過去から未来へ –
角南一貴
第26回静岡県東部血液セミナー,2015年6月19日,三島市
8)多発性骨髄腫治療における免疫調節薬について
角南一貴
2nd Myeloma Forum in Saitama,2015年7月30日,さいたま市
9)再発・難治性多発性骨髄腫治療のコツ ~ボルテゾミブによる再治療を中心に~
角南一貴
多発性骨髄腫Web講演会,2015年8月4日,大阪市
10) 多発性骨髄腫におけるポマリドミド治療
角南一貴
Okayama IMiDs Conference,2015年8月8日,岡山市
11)多発性骨髄腫におけるポマリドミド治療
角南一貴
第6回香川血液疾患フォーラム,2015年9月1日,高松市
12)多発性骨髄腫治療における免疫調節薬について
角南一貴
Hematology Clinical Conference in SATSUKIYAMA,2015年9月25日,吹田市
13)再発・難治性多発性骨髄腫の治療戦略
角南一貴
第3回愛媛多発性骨髄腫懇話会,2015年10月9日,松山市
14)多発性骨髄腫治療における免疫調節薬について
角南一貴
Myeloma Meeting in Tama 2015,2015年10月23日,立川市
15)ボルテゾミブ・レナリドミド両剤不応症例の治療戦略
角南一貴
第1回中国・四国骨髄腫カンファレンス,2015年11月21日,高松市
16)多発性骨髄腫治療における薬剤の上手な使い方
角南一貴
ベルケイド全国Web講演会,2015年11月27日,大阪市
17)血液検査異常の見方
角南一貴
西大寺医師会学術講演会,2016年3月23日,岡山市
18)再発・難治性多発性骨髄腫の治療~最近の動向~
角南一貴
第32回広島多発性骨髄腫研究会,2016年3月26日,広島市
19)Double Refractory Multiple Myelomaの治療戦略
角南一貴
WEB講演会,2016年4月20日,岡山市
20)多発性骨髄腫の診断と治療 ~最近の話題~
角南一貴
姫路Hematology Meeting,2016年4月23日,姫路市
21)初発多発性骨髄腫の新たな治療選択
角南一貴
WEBコンテンツ,2016年5月10日,岡山市
22)再発難治性多発性骨髄腫におけるポマリドミド治療
角南一貴
Pomalyst Expert Seminar,2016年5月17日,岡山市
23)再発難治性多発性骨髄腫におけるポマリドミド治療
角南一貴
Pomalst Expert Seminar,2016年6月21日,岡山市
24)再発・難治性多発性骨髄腫の治療
角南一貴
Myeloma Seminar 2016,2016年7月1日,一宮市
25)他科の先生に関わる血液内科の進歩
青山一利
第38回臨床疾患研究会,2016年7月2日,岡山市
26)多発性骨髄腫の今後の治療戦略 ~移植非適応患者を中心に~ 
  角南一貴
  Okayama IMiDs Conference,2016年7月16日,岡山市
27)「再発・難治性多発性骨髄腫の治療」 「IMiDsを用いたMM治療」
角南一貴
EHIME HEMATOLOGY MEETING 2016,2016年7月22日,松山市
28)多発性骨髄腫の骨病変に対する治療戦略
角南一貴
Multiple Myeloma Meet the Expert in OKAYAMA,2016年7月30日,岡山市
29) 第4回高知・骨髄腫講演会
角南一貴
第4回高知・骨髄腫講演会,2016年8月26日,高知市
30) 再発難治性多発性骨髄腫の治療
角南一貴
第6回筑後・佐賀Myeloma Forum,2016年9月2日,久留米市
31) 再発難治性多発性骨髄腫におけるポマリドミド治療
角南一貴
KURASHIKI HEMATOLOGY FORUM 2016,2016年9月6日,倉敷市
32) 初発未治療多発性骨髄腫の治療戦略 ~ベルケイドを中心に~
角南一貴
KOBE Multiple Myeloma Meet The Expert,2016年9月9日,神戸市
33) 血液疾患に関して最新の話題
角南一貴
岡山血液セミナー,2016年9月30日,岡山市
34) 多発性骨髄腫における自家移植
角南一貴
山陰血液疾患セミナー,2016年10月1日,松江市
35) イムブルビカⓇカプセル Case Report
松田真幸
Meet tye Expert in Setouchi ~イムブルビカⓇカプセル発売記念講演会~,2016年10月4日,岡山市
36) 多発性骨髄腫の自家抹消血幹細胞移植アンメットメディカルニーズについてアドバイス
角南一貴
Plerixafor Advisory Board Meeting,2016年10月14日,横浜市
37) 再発難治多発性骨髄腫に対するカイプロリス治療
角南一貴
Multiple Myeloma Seminar in OKAYAMA,2016年10月28日,岡山市
38) 再発難治性MMに対する新薬の開発動向
角南一貴
第2回中国四国骨髄腫カンファレンス,2016年11月5日,岡山市
39) 原発性マクログロブリン血症の経過中に発症し自然縮退傾向となったびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の一例
近藤匠
第22回中四リンパ腫カンファレンス,2016年11月5日,岡山市
40) 再発難治多発性骨髄腫に対するカイプロリス治療
角南一貴
多発性骨髄腫治療セミナーin長崎,2016年11月9日,長崎市
41) 再発難治性多発性骨髄腫に対するelotuzumab治療
角南一貴
Hematogy Seminar in Tokushima,2016年11月18日,徳島市
42) 再発難治性多発性骨髄腫に対するelotuzumab治療
角南一貴
エムプリシティ発売記念講演会,2016年11月25日,大阪市
43) 再発難治多発性骨髄腫に対するカイプロリス治療
角南一貴
和歌山カイロプロリス発売記念講演会,2016年12月1日,和歌山市
44) 再発難治性多発性骨髄腫に対するelotuzumab治療
角南一貴
Hematological WEBセミナー,2017年1月11日,岡山市
45) 移植非適応多発性骨髄腫の治療戦略
角南一貴
第6回北九州血液研究会,2017年2月3日,北九州市
46) 再発難治性多発性骨髄腫に対するカルフィルゾミブ治療
角南一貴
沖縄多発性骨髄腫治療セミナー,2017年2月10日,那覇市
47) 非血縁者間骨髄移植後に-7を伴うドナー型骨髄異形成症を発症した再生不良性貧血の1例
角南一貴
岡山血液疾患カンファレンス,2017年2月24日,岡山市
48) 再発難治性多発性骨髄腫に対するカルフィルゾミブ治療
角南一貴
第39回日本造血細胞移植学会総会 ランチョンセミナー1),2017年3月3日,松江市
49) 多発性骨髄腫の診断と治療
角南一貴
MNS血液疾患教育セミナー,2017年3月10日,岡山市
50) 再発難治性多発性骨髄腫に対するカルフィルゾミブ治療
角南一貴
カイプロリス新発売記念講演会in大分,2017年3月24日,大分市
51) 再発難治性多発性骨髄腫に対するカルフィルゾミブ治療・Discussion
角南一貴
Joto Myeloma Strategy Meeting ~新薬登場で薬物治療はどう変わる?~,2017年4月18日,東京都
52) エムプリシティ自験例について
青山一利
岡山MMセミナー,2017年5月17日,岡山市
53) 「Continuous therapy」に関するエビデンス
角南一貴
第42回 日本骨髄腫学会学術集会,2017年5月27日,東京都
54) 再発難治性多発性骨髄腫に対するカルフィルゾミブ治療
角南一貴
多発性骨髄腫Expert Meeting,2017年5月31日,姫路市
55) 再発難治性多発性骨髄腫に対するカルフィルゾミブ治療
角南一貴
骨髄腫エキスパートミーティング,2017年6月9日,東京都
56) 再発難治性多発性骨髄腫に対するカルフィルゾミブ治療
角南一貴
南大阪Multiple Myelomaセミナー,2017年6月16日,堺市
57) 再発難治性多発性骨髄腫の治療
角南一貴
倉敷Hematology Forum 2017,2017年7月25日,倉敷市
58) 再発難治性多発性骨髄腫に対するカルフィゾミブ治療
角南一貴
Treatment Advances in Miltiple Myeloma,2017年9月1日,京都市
59) 再発・難治性多発性骨髄腫の治療戦略
角南一貴
第6回新潟骨髄腫フォーラム,2017年9月15日,新潟市
60) 再発性難治性多発性骨髄腫の治療
角南一貴
TOKUSIMA Hematology Forum,2017年9月22日,徳島市
61) 再発・難治性多発性骨髄腫に対するPomalidomide/low dose Dexamethasone 併用療法の実際
角南一貴
Multiple Myeloma Web Seminar,2017年9月28日,岡山市
62) 再発性難治性多発性骨髄腫に対するカルフィルゾミフ治療
角南一貴
多発性骨髄腫実践セミナー,2017年9月29日,大阪市
63) 当院におけるイキサゾミブの使用経験
吉岡尚徳
Okayama Multiple Myeloma Conference -ニンラーロカプセル新発売記念講演会-,2017年10月27日,岡山市
64) 継続治療を基本としたMM治療戦略-Plateauを念頭においたアプローチ-
角南一貴
ニンラーロ全国WEB講演会,2017年11月1日,大阪市
65) 新規薬剤を用いた多発骨髄腫の治療経験
石川立則
第3回中国四国骨髄腫カンファレンス,2017年11月11日,高松市
66) 新規薬剤を用いた多発骨髄腫の治療経験
吉岡尚徳
第3回中国四国骨髄腫カンファレンス,2017年11月11日,高松市
67) 当院におけるMDS治療の成績
高須賀裕樹
第6回 Okayama MDS Seminar,2017年11月16日,岡山市
68) 当院における低悪性度B細胞性非ホジキンリパ腫に対するベンダムスチンの使用経験
村上裕之
悪性リンパ種講演会,2017年11月17日,岡山市
69) 再発難治性多発性骨髄腫の治療治療
角南一貴
第8回 Okayama IMDs Conference,2017年11月24日,岡山市
70) 再発・難治性多発性骨髄腫に対するポマリドミド治療
角南一貴
Pomalyst Expert Seminar,2017年12月14日,岡山市
71)Daratumumabの適正使用とRelapsed/Refractory Multiple Mylomaにおける最適な  治療レジメンの検討
石川立則
Meet the Expert in Kobe ~Dr.Mateosをお招きして~,2018年1月28日,神戸市
72)再発難治性多発性骨髄腫の治療
角南一貴
岡山県病院薬剤師会 学術講演会,2018年2月9日,岡山市
73)慢性骨髄性白血病の病態と治療について
角南一貴
Novartis Hematology Seminar,2018年2月15日,岡山市
74)Ph+ALLに対するポナチニブの有用性の検討 当院での経験を踏まえて
福見拓也
ポナチニブ発売1周年記念講演会in岡山,2018年2月16日,岡山市
75)骨髄腫骨病変に対する治療について
角南一貴
Bone Management Forum gor Multiple Myeloma,2018年3月16日,岡山市
76)多発性骨髄腫治療の最新情報
角南一貴
渋川地区血液疾患セミナー,2018年3月23日,渋川市
 
・特集診療科紹介 血液内科(ザ ジャーナルVoll.11 No.4より抜粋)(PDF形式)