トップページ診療・部門の紹介診療科  

精神科

スタッフの紹介

医長
 
(2009/9~、当院の常勤精神科医は1名です。)

診療科紹介

①院内診療(コンサルテーション・リエゾン精神医学、サイコオンコロジー、メンタルヘルス)

当院は岡山市の急性期基幹病院であり,精神科常勤医師が1名であるため,精神科も入院患者様の治療を優先的に行っております。

身体疾患治療の入院中には様々な精神的トラブル(例えば、不眠、強い不安、抑うつ、せん妄など)が生じることがあります。当科では、これらの誰しもが経験しうる病的な精神状態に対する専門的な診断・治療を行っており、担当スタッフと連携して、患者様の生活と医療の質的向上を目指しています。

また、当院の緩和ケアチームの精神腫瘍学(サイコオンコロジー)担当医として、悪性疾患の入院患者さんの精神症状緩和にも注力しております。

加えて、従来から精神疾患(統合失調症・躁うつ病・うつ病、アルコール使用障害など)で治療中の患者様が、身体の病気のため当院への入院が必要になった場合においても、精神科治療が途切れてしまわないよう、通院先の主治医と連携して継続診療にあたっています。



②外来診療(一般臨床精神医学)

精神的なトラブルは多くの人が抱える身近な問題です。当科では、うつ病・不安障害などを中心に多様な精神疾患に対する診療を行っています。基本は一般精神科外来であり、専門外来(児童思春期外来・重度摂食障害・家族療法・精神分析など)は行なっておりません。

なお、当院は急性期病院であり、現在、常勤医師が1名であるため、精神科診療においては外来を二義的とさせてもらっており、このため院外からの精神科初診を休止しております。加えて、病状の固定した患者様は、地域の精神科病院、あるいはクリニック(診療所)へ御紹介させて頂いております。



③無床精神科

当院には精神科の入院病床がありませんので、入院が必要と判断される患者様には適切な精神科専門病院を御紹介させて頂いております。入院希望の方はあらかじめお電話にてご相談ください。


H29年度 精神科初診(外来・院内コンサルト) 主要10疾患 疾患別臨床統計
疾患名 ICD-10 患者数
1)
症状性を含む器質性精神障害
F0 288
2)
精神作用物質使用による精神及び行動の障害
F1 28
3)
統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害
F2 26
4)
気分障害
F3 56
5)
神経症性障害、ストレス関連障害及び身体表現性障害
F4 99
6)
生理的障害及び身体的要因に関連した行動症候群
F5 2
7)
成人の人格及び行動の障害
F6 0
8)
知的障害(精神遅滞)
F7 1
9)
心理的発達の障害
F8 6
10)
児童期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害
F9 4
  合計 510