トップページ診療・部門の紹介診療科  

形成外科

スタッフの紹介

診療科紹介

形成外科とは、身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、みなさまの生活の質 "Quality of Life" の向上に貢献する外科系の専門領域です。

当院では、日本形成外科学会専門医1名が診療を行っています。

また、日本形成外科学会による認定施設となっており、形成外科専門医資格獲得のための研修施設として形成外科医の育成にも取り組んでいます。

 

【診療体制・専門分野】

外来日:月、水、木、金曜日 8:30~11:30  月曜日 14:00~16:00
手術日:火曜日(全身麻酔)、水、木、金曜日(局所麻酔)

当院の特徴として、小児の先天異常(口唇口蓋裂、多指症、多合趾症、小耳症など)が多い傾向にありますが、形成外科のほぼ全般にわたる診療を行っています。
なお、原則として私費診療は取り扱っていません。
 

【診療内容】

下記に示す疾患(日本形成外科学会の規定による分類)の治療を行っています。
1)新鮮熱傷
2)顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷
3)口唇裂、口蓋裂
4)手、足の先天異常、外傷
5)その他の先天異常(耳介の先天異常、先天性眼瞼下垂など、その他)
6)母斑、血管腫、皮膚腫瘍
7)皮膚悪性腫瘍およびその他悪性腫瘍切除後の変形の再建
8)瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド
9)褥瘡、難治性潰瘍
10)その他(眼瞼下垂、レーザー、陥入爪など)
 

【口唇口蓋裂について】

出生前
産科と連携し、出生前の相談にも積極的に応じています。
出生後
口唇顎口蓋裂専門外来にて、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科(言語療法士)、矯正歯科と連携し集学的治療を行っています。
 

【乳房再建について】

乳房再建とは、乳がんの治療によって失われた乳房の形態を手術によりできるだけ元の形に復元することを言います。当科では乳腺甲状腺外科と協力し、広背筋皮弁、腹直筋皮弁、インプラントによる乳房再建を行っています。

なお当院は日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会エキスパンダー・インプラント実施施設として認定されています。

 

【頭頸部再建について】

頭頚部癌切除後の組織欠損に対して耳鼻いんこう科、外科等と協力し、顕微鏡を用いたマイクロサージャリー(遊離複合組織移植、有茎皮弁等)による再建を行っています。

 

【巨大色素性母斑】

当科ではレーザーによる治療を含めた様々な方法で治療を行っております。

詳しくは当科スタッフまでご相談ください。

 

【レーザー治療について】

当院では以下の3台のレーザーを用いて、各種のあざ、血管腫等の治療を行っています。

必要に応じて入院、全身麻酔下での治療も行っています。詳しくは当院スタッフまでご相談ください。

 
色素レーザー(V-Beam) Qスイッチルビーレーザー CO2レーザー
保険適応疾患

単純性血管腫
いちご状血管腫
毛細血管拡張症
保険適応疾患

太田母斑
異所性蒙古斑
外傷性色素沈着症
扁平母斑

母斑等
 

【今後の展望・方針】

当院の特徴として小児形成外科が中心となっていますが、専門にこだわることなく形成外科全般において積極的に診療を行っております。子どもから大人まで患者様と向き合い、笑顔を大切にする診療を心がけています。