トップページ診療・部門の紹介診療科  

呼吸器外科

スタッフの紹介

診療科紹介

呼吸器外科では胸の中にある肺、縦隔などの病気を中心に手術を行っています。病気の診断、評価は呼吸器科、放射線科と連携して行われ、手術で良くなる状況かどうかを判断しています。

手術症例の約半数は肺がんであり、命に関わる病気でもあるため肺がんには最も力を入れています。がんを治すことにこだわり、手術手技はもちろん、放射線、化学療法を組み合わせることにより少しでも治癒率を上げるよう心掛けています。一方、最近増えているご高齢の患者さんなどにおいては手術に耐えうるか、術後の肺の機能は大丈夫か、などご本人、ご家族ともに心配されるケースが増えています。正確な情報提供を行うとともにご本人、ご家族の意志を尊重して幅広い選択肢の中で治療方針を決定しています。

その他、気胸縦隔腫瘍など下記に示す多くの病気、難治性の病気などに対しても対応しています。最近増えている肺気腫、間質性肺炎、塵肺などに合併する難治性の気胸に対しては根気よく治療にあたる必要があり呼吸器科、放射線科と話し合い、多くの治療戦略を立てて対応しています。

主要な病院で取り入れられている胸腔鏡下手術に関してですが、当院では手術による患者さんへの体の負担、痛みを減らすため、また創部の綺麗さにこだわって、この手技に取り組んできました。すべての患者さんに適応がある訳ではありませんが、近年の医療器具の進化と共に、より正確な手術を行うことができると実感しています。

当院は都道府県知事の推薦に基づき厚生労働大臣により指定される地域がん診療連携拠点病院に指定されています。これはがん専門医による高度ながん診療を恒常的に、一定の品質とともに提供できる医療機関であることを示しています。また呼吸器外科専門医制度基幹施設の認定を受けており、呼吸器外科に関する指導力のあるスタッフが当院には揃っていることも示しています。患者さんには手術内容が見えないため不安があるかと思いますが十分な説明を行いますので遠慮なくご相談ください。

入院期間については通常術後数日で退院可能となりますが、患者さんの状態によりご希望にできるだけ沿えるよう調整しています。呼吸器外科の病棟は病院最上階の10階にあります。景色は良く毎日自然を感じつつ入院期間を過ごしていただけることと思います。病気を知らされ目の前が真っ暗な状態の患者さんが多いのが事実です。安心して手術を受け、笑顔で退院できるようスタッフ一同、応援致します。

呼吸器外科で扱う主な病気

肺の腫瘍

肺癌、転移性肺腫瘍、肺内悪性リンパ腫、過誤腫、硬化性血管腫など

肺の炎症性疾患

肺真菌症、肺抗酸菌感染症(結核腫など)、気管支拡張症、肺膿瘍など

肺の嚢胞性疾患

気胸、気腫性肺嚢胞など

胸膜の病気

膿胸、悪性胸膜中皮腫など

縦隔の病気

縦隔腫瘍(胸腺腫、胚細胞腫瘍、神経原性腫瘍、気管支嚢胞など)、縦隔炎、重症筋無力症など

肋骨、横隔膜の病気

外傷

多発肋骨骨折、血胸、肺・気管支損傷など

その他

肺動静脈瘻、肺分画症など


診療体制

外来日:月曜日・木曜日・金曜日
手術日:火曜日・水曜日

手術件数(全身麻酔)

  2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
 肺癌 63 66 82 70 71
 (原発性) 55 55 77 63 66
 (転移性) 8 11 5 7 5
 気胸 14 27 14 15 17
 縦隔腫瘍 4 5 12 5 6
 その他 15 10 6 17 14
 計 96 108 114 107 108