トップページ診療・部門の紹介診療科  

耳鼻咽喉科

スタッフの紹介

診療科の特色

主に他院からの紹介にて入院での治療・手術が必要な患者さんの診察をしています。頭頸部悪性腫瘍(口腔癌・咽頭癌・喉頭癌など)を始め、耳鼻咽喉科領域の良性腫瘍、扁桃炎、副鼻腔炎、中耳炎等の耳鼻咽喉科の一般診療を手術・入院加療を中心に行っています。現在、耳鼻咽喉科専門医2人+レジデント1人体制で担当しています。副鼻腔疾患は内視鏡を用いた手術的治療、中耳・喉頭の領域では機能再建をめざした治療、頭頸部悪性腫瘍では再建手術や放射線化学療法を併用した治療を行っています。地域の開業医の先生方と協力しながらより良い医療を提供できるよう努力していきます。

また、音声外科の分野も専門スタッフを教育して開始しました。

入院診療実績

1. 主要手術 年間手術件497件
  手術名 件数
1
口蓋扁桃手術(摘出)
146
2
アデノイド切除術
75
3
鼓膜(排液,換気)チューブ挿入術
75
4
内視鏡下鼻内副鼻腔手術
64
5
直達喉頭鏡下喉頭微細手術
52
6
粘膜下下鼻甲介骨切除術
34
7
鼻中隔矯正術
17
8
耳下腺腫瘍摘出術
16
9
顎下腺摘出術
9
10
頸部郭清術
9


2. その他(2015年度の特別な取り組み)
1) 学会発表・論文発表
a) 岡山大学を中心とした頭頸部外科の治療の研究グループに参加しています。
b) 舌下免疫療法などの新しい治療も積極的に導入しています。

研究業績

1. 論文発表
1) Hirai M, Orita Y, Takao S, Tachibana T, Marunaka H, Makihara S & Sato, Y : How long should we continue S-1 as adjuvant chemotherapy for squamous cell carcinoma of the head and neck?. Acta oto-laryngologica,135(10)1079-1085,2015
2) Tachibana T, Orita Y, Marunaka H, Makihara S, Hirai M, Miki K & Shimizu A : Glottic cancer in patients without complaints of hoarseness. Head & neck, 2015
3) Marunaka H, Orita Y, Tachibana T, Miki K, Makino T, Yoshino T & Sato Y : Diffuse large B-cell lymphoma of the lacrimal sac arising from a patient with IgG4-related disease. Modern Rheumatology, 2015
4) Kanazawa T, Komazawa D, Indo K, Akagi Y, Lee Y, Nakamura K & Watanabe Y : Single injection of basic fibroblast growth factor to treat severe vocal fold lesions and vocal fold paralysis. The Laryngoscope, 125(10) E338-E344, 2015
2. 学会、研究会
1) 当科における喉頭肉芽腫症例の臨床的検討
橘 智靖,折田頼尚,小河原悠哉,松山祐子,清水藍子,牧原靖一郎,丸中秀格,西﨑和則
第116回日本耳鼻咽喉科学会 総会・学術講演会,2015年5月20~23日,東京
2) 舌癌発症・進行過程における癌微小環境の研究
折田頼尚,三木健太郎,橘 智靖,丸中秀格,花川浩之,西﨑和則
第116回日本耳鼻咽喉科学会 総会・学術講演会,2015年5月20~23日,東京
3) 若年者舌癌とHPVウイルス発現の関係
三木健太郎,折田頼尚,橘 智靖,丸中秀格,牧原靖一郎,平井美紗都,小野田友男,西﨑和則
第116回日本耳鼻咽喉科学会 総会・学術講演会,2015年5月20~23日,東京
4) Human Papillomavirus Infection may be Associated with Local Recurrence of Tongue SCC in Young Adults
Yorihisa Orita,Hidenori Marunaka
第39回日本頭頸部癌学会 第4回アジア頭頸部癌学会,2015年6月3~6日,神戸
5) COX-2 Inhibition may Suppress the Treg Infiltration into Tongue Squamous Cell Carcinoma
Kentaro Miki,Hidenori Marunaka
第39回日本頭頸部癌学会 第4回アジア頭頸部癌学会,2015年6月3~6日,神戸
6) How Long should We Continue S-1 as Adjuvant Chemotherapy after Curative Treatment for SCCHN?
Misato Hirai,Hidenori Marunaka
第39回日本頭頸部癌学会 第4回アジア頭頸部癌学会,2015年6月3~6日,神戸
7) Neck Metastasis in Patients with T1-2 Supraglottic Cancer
Tachibana, T., Orita, Y., Marunaka, H., Makihara, S., Hirai, M., Miki, K.
LARYNX CANCER,2015年7月26~30日,オーストラリア
8) 耳介軟骨膜炎に対してV.A.C療法が有効であった1例
丸中秀格,赤木祐介,山川千鶴
岡山大学耳鼻咽喉科学教室同門学会,2015年10月11日,岡山
9) 当センターにおける声帯麻痺症例に対する音声治療の臨床的検討
尾崎千宝,早乙女泰伴,丸茂晴香,甲佐里見,山川 梢,赤木祐介,片平信行,金澤丈治,國枝千嘉子,駒澤大吾,鈴木猛司,中村一博,松島康二,渡邊雄介
第60回日本音声言語医学会 総会・学術講演会,2015年10月15~16日,愛知
10) 一側性声帯麻痺症例に対する音声治療の有効性に対する検討
倉上和也,尾崎千宝,駒澤大吾,田口亜紀,印藤加奈子,赤木祐介,片平信行,李 庸學,渡邊雄介
第31回西日本音声外科研究会,2016年1月9日,愛媛
11) 反回神経麻痺に対するヒト塩基性線維芽細胞増殖因子効果
金澤丈治,赤木祐介
第28回日本喉頭科学会総会・学術講演会,2016年3月3~4日,大阪
12) IgG4関連疾患の鑑別診断
丸中秀格
IgG4研究会,2016年3月19日,岡山
3. 講演
1) みみ・はな・のどのがん 頭頸部がんとその治療
丸中秀格
第10回がん市民公開講座,2015年7月4日,岡山市