トップページ診療・部門の紹介診療科  

歯科

スタッフの紹介


(歯科スタッフ一同)
 
歯科医師 2名 (その他、非常勤3名)
歯科衛生士 4名 (常勤2名、非常勤2名)
歯科技工士 1名 (非常勤)

診療科紹介

歯科では、一般の歯科治療(むし歯や歯槽膿漏、義歯など)のほか、歯科口腔外科として口腔内の腫瘍や顎骨の骨髄炎の手術、顎関節疾患の治療、インプラント(人工歯根)、口内炎や口腔内外の疼痛疾患の治療などを専門的に行っています。

また、全身疾患(心臓病や肝・腎など内臓疾患、血液疾患、ステロイドや抗血栓剤などを服用中の場合など)があって、歯の治療が困難な方の歯科治療も積極的に行っています。

また、歯科衛生士による口腔機能管理(専門的な口腔ケア)も積極的に推進しており、多職種と連携しながら医療の質の向上を目指しています。

具体的には、全身性の重症感染症(VAP、誤嚥性肺炎等)予防を目的にした周術期の口腔環境の改善・維持や、がん治療の支持療法としての口腔有害事象への対応、糖尿病改善目的の歯周病管理などで、原疾患の早期回復や緩和的医療の実現を目指しています。

 

具体的な口腔機能管理(口腔ケア)の内容

1.周術期口腔機能管理

●全身麻酔下での外科的手術前後の口腔ケア
●放射線化学療法中の口腔ケア

2.病室訪問(各病棟)による口腔ケア

●病棟と連携した口腔管理

3.歯周病治療・管理

●糖尿病教育入院患者への歯周病管理
●外来受診での歯周病管理

4.各サポートチームのコアメンバーとしての口腔管理
  歯科衛生士が各チーム医療に参加し,専門的な視点で口腔内評価を行い、
  患者の口腔内の状況や問題点を他職種に伝え,それぞれに対応した
  全身管理と口腔管理を継続しています。

●呼吸サポートチーム(RST)
●栄養サポートチーム(NST)
●緩和ケアチーム

5.各種健康教室(集団指導)

●母親学級(妊娠期の口腔管理 妊娠中期・妊娠後期の歯と口腔衛生)
●糖尿病教室(糖尿病と歯周病の関連について)