トップページ診療・部門の紹介診療科  

緩和ケア内科

スタッフの紹介

診療科紹介

緩和ケア内科では

重い病を抱える患者様やそのご家族一人一人の身体や心などの様々なつらさを和らげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアであり、主治医と連携しながら多職種のメンバーがチームで療養生活をサポートいたします。
 

緩和ケアとは?

緩和ケアと聞くと、がん末期の治療、痛み、モルヒネ(麻薬)などをイメージされる方が多いのではないでしょうか。 緩和ケアは終末期だけの医療ではなく、やわらげる症状は痛みだけではありません。WHO(世界保健機構)は、「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、苦しみを予防し、やわらげることで、クオリティ・オブ・ライフを改善するアプローチである。」と定義しています。 緩和ケアは治療の初期段階から、治療と一緒に受けるケアであり、治療中に経験する苦痛を伴う症状をやわらげ、不安、心配事など心のつらさをやわらげ、そして患者様とご家族の生活の質(QOL)の維持向上を目指すものです。
 

[患者様・ご家族が抱える種々の問題に対応します]

 

[多職種によるチームでサポート致します]

 

緩和ケア内科の診療体制

緩和ケア外来

月曜日の午後に診療を行っています(完全予約制)。
主治医からの紹介状をお持ち下さい。
 

緩和ケアチーム

入院中の症状緩和が必要な患者様には、多職種によるチームで緩和ケアを提供しています。
緩和ケアチームは主治医からの依頼を受けて活動を開始します。
ご希望のときには「からだとこころの質問票」にその旨を記載していただくか、主治医の先生や病棟スタッフにご相談下さい。