トップページ診察部門の紹介看護部  

教育体制

新人看護師職員教育指導体制

準備中

研修プログラム

準備中

教育担当看護師長の紹介

準備中

先輩からのメッセージ

病棟の先輩に支えられて2年目、一生懸命がんばっています
8A病棟 佐藤 志保 1年前の私は慣れない環境の中で働くことがとても辛く、不安でいっぱいでした。でも職場の先輩方に支えられ、導いてもらい今まで頑張ってこれたと思います。そして少しずつ自信がつき自然な笑顔で患者様と接する中で、看護の楽しさややりがいを感じることができました。一人一人の患者様にあった看護を提供することが看護師の役割です。
まだまだ未熟ですが自分の看護をみつめ、患者様と向き合っていきたいと思います。皆さんと一緒に看護の喜びを語れる日を心からお持ちしています。
   

院内研修

交換研修

手術室見学実習
職員の要望により、勤務時間内での手術見学を行っています。職場に関連した手術を見学することで、術前後の看護に活かすことができています。また、チーム医療の重要性をあらためて感じることができるようです。看護だけでなく、リハビリ・栄養士等も見学しています。

5B病棟(新生児・未熟児)と6A病棟(産科・婦人科)交換研修

5Bと6Aのスタッフ間での情報交換の機会を増やすことで母子にとってよりよいケアを提供することを目標に活動を行っています。活動内容としては毎月1回の定例チーム会を通じて、病棟間での統一したケアの提供を行っています。さらに、平成21年度より新たな試みとして互いの病棟間の活動を経験するために交換留学を実施しています。


9B病棟(循環器)と5A CCU研修

循環器疾患の急性期の患者看護実践を通して、急性期の治療・看護を理解できる。急性期の患者の病態生理・看護を学ぶことで、入院から退院までの一連を理解でき、今後の病棟での患者看護に役立てることができることを目的に2週間の研修をおこなっている。


院外研修

成育医療研修会・小児救急医療研修

平成13年より「成育医療について理解を深め、母と子の絆を深めるための母乳育児を理解する、母子関係の確立と育児支援を理解する」を目的とし、産科と新生児科が合同で開催している。毎年、秋に3日間ですが小児救急医療研修と同時に開催させて頂き、各施設から多数の関係者が参加されています。


循環器研修
最新の知識及び循環器看護の専門性を習得し、循環器看護実践においてモデル的、指導的立場になる看護師を育成するために臨床経験3年目以上の看護師を対象に研修会を開催している。

母乳育児セミナー
当院は先進国で初めてWHOユニセフから、「赤ちゃんにやさしい病院」の認定を受けた病院である。お母さんと赤ちゃんの幸せのために、地域の助産師と共に助産師のための母乳育児セミナーを毎年開催しており、全国から多くの助産師・保健師・看護師・医師が参加している。