トップページ診療部門の紹介その他の部門  

院内感染対策室

院内感染と当院の取り組み

院内感染とは「病院内で体に侵入した細菌やウイルスなどの病原体でおきる感染症のこと」と定義されています。現在当病院に入院されている患者様は、原疾患・手術・治療・高齢などのため体の抵抗力が低下されている方が多くなっており、通常では病気を起こさない微生物による感染症や抗生物質が効きにくい菌による感染症の危険性が増えているのが現状です。

入院によって新たな感染症に罹患することは、本来必要な治療以外の治療が必要になってしまい、患者様には大変な不利益をもたらします。また血液がついた針などを刺してしまって医療従事者が肝炎などを起こしてしまうことも院内感染に含まれます。そのため、院内感染対策は病院内における患者様と職員を守る医療安全対策とも深く関連し、安全な医療の提供と信頼を確保するための重要なポイントとなります。

当院では、対策方針を決定する院内感染対策委員会を設置し、総合窓口としての院内感染対策室、さらにその実働組織として院内感染対策チーム(ICT)を組織し、活動を続けております。

院内感染対策室構成メンバー

感染対策室は認定感染制御医師(ICD)である医師を室長とし、認定感染制御看護師(ICN)・診療部門代表医師・細菌検査担当技師・薬剤師など各部署からの実務者で構成されており、決定機関である院内感染対策委員会を補佐し、部署の垣根を越えた迅速な活動を目指しています。また実際の感染対策の実施には対策室のメンバーに加え各病棟のリンクナース(LNs)を含めたICTが活動しています。

認定感染制御医師(ICD) (室長)
認定感染制御看護師(ICN) (副室長)
診療部門代表医師
細菌検査担当技師
薬剤師

院内感染対策室の活動内容

1)サーベイランス
耐性菌サーベイランス(MRSA・多剤耐性緑膿菌など)
カテーテル関連感染症(血流感染・尿路感染)
人工呼吸器関連肺炎
手術部位感染症
2)院内感染対策マニュアルの作成・改訂
3)病棟回診による病院感染対策の確認・普及
4)感染性廃棄物を含むごみ分別の適正化
5)抗菌剤使用マニュアルの作成
6)抗生物質使用のモニタリングと適正使用の推進
7)インフルエンザの発生状況の把握と報告
8)病院職員へのインフルエンザワクチン接種
9)病院職員のワクチン接種状況の把握と勧奨
(麻疹・風疹・水痘・おたふくかぜ)
10)手洗いを含む感染対策教育
11)医療器具の見直しによる病院感染対策の推進
12)職業感染対策(針刺し対策)
13)消毒・滅菌等の手技の見直し