トップページ診療部門の紹介その他の部門  

緩和ケア対策室

緩和ケアチーム (Palliative Care Team; PCT)




【緩和ケアとは・・】
 「緩和ケア」とは,がんが進行した時だけでなく、がんが見つかった時から、治療中もがん患者様やそのご家族様に提供される医療的ケアで,がんに伴って出現する痛みや,精神的な苦痛(不安や苦悩など)・社会的な苦痛・などを可能な限りやわらげ,一日一日を有意義に生きる事を支援するものです.

《がんによる諸症状》
  

がん患者様の中には,発症初期から痛みなどの苦痛を訴えられる方もおられます.そこでWHO(世界保健機構)は,緩和ケアを末期の患者様にだけでなく病初期から導入することを推奨しています(下図).苦痛から解放されることによって,QOLを向上させることは,手術,放射線,化学療法などを行う上でも非常に重要なことです.




【チーム構成】
身体症状の緩和を担当する医師,精神症状の緩和を担当する医師,がん看護専門看護師,緩和ケア認定看護師,がん看護コアナース(各病棟における緩和ケアの中心となる看護師),がん薬物療法認定薬剤師,ソーシャル・ワーカー,理学療法士,歯科衛生士,栄養士などで構成されており,がんの患者の様々な苦痛に多職種で対応し,積極的に症状緩和に取り組んでいます.


《緩和ケアチームメンバー》
宮武和代(緩和ケア科医師),藤原慶一(呼吸器科医師),大藤嘉洋(消化器科医師),岸口武寛(精神科医師),秋山一郎(外科医師),中村孝佑・小野友香(薬剤師),山下睦子(がん看護専門看護師・緩和ケア専従看護師),河田映子(看護師長),黒原かおり(看護師),神崎早苗(MSW),松尾敬子(歯科衛生士),間平祥古(作業療法士),細川優(栄養管理士)


【実際の活動内容】
1)毎週木曜日15:00より各病棟をラウンドしております.
入院中のがん患者様のケアを病棟スタッフと,相談しながらさせて頂いております。
2) 外来は月曜日の午後に診療を行なっております.
地域医療機関からの相談も受け付けております.

【国立病院機構岡山医療センターの緩和ケアチームロゴ】です!



当院緩和ケアチームのロゴマークのもつ意味は,
日中は苦痛がなく,笑顔で過ごすことができ,夜間はゆっくり眠ることができるようなケアを提供する』です!



独立行政法人国立病院機構岡山医療センター
緩和ケアチーム