トップページ診療部門の紹介その他の部門  

RST(Resperatory Support Team:呼吸サポートチーム)


RST(Resperatory Support Team:呼吸サポートチーム)は、麻酔科医師、看護師(集中ケア認定看護師、呼吸療法認定士)、臨床工学技士、理学療法士、歯科衛生士からなるチームです。メンバー各々の専門分野の知識を集結し、また20数名におよぶ呼吸療法認定士と協働して、病棟回診、各種講義や勉強会の開催等を通して院内全体での呼吸療法における医療安全と呼吸器ケアのレベルアップを図るべく活動しています。



業務内容

① 病棟回診:週に一回、コアメンバーにより一般病棟において人工呼吸器を装着中あるいはそれに準ずるの患者さんを回診し、適切な人工呼吸器管理(機器管理、鎮静、吸痰、ポジション、栄養、口腔ケアなど)がなされているかをチェックしアドバイスをします。要望に応じて病棟スタッフに対する小講義や物品の紹介説明などを行い、院内の呼吸ケアの標準化を図っています。 ② 教育活動:職種の専門分野を生かした講義や勉強会を開催し、知識と実践の両面から呼吸器ケアのレベルアップを図っています。