トップページ  

総合周産期母子医療センター

当院は2005年4月1日より総合周産期母子医療センターに指定されています。岡山県では総合周産期母子医療センターと して倉敷中央病院と当院の2施設、地域周産期母子医療センターとして岡山大学病院、岡山赤十字病院、川崎医科大学附属病院、津 山中央病院の4施設が協力して県内の全てのハイリスク分娩や母子のサポートに尽力しています。
総合周産期センターは3次医療施設としてハイリスクの母子を担当します。

  

総合周産期母子医療センターは、産科(母体・胎児部門)および新生児科(新生児 部門)を中心として構成されており、内科、外科、麻酔科をはじめとする種々の 専門科 の協力を得て、母体や胎児に合併症を持つ妊婦さんを妊娠中から産後ま で、赤ちゃんを胎児期から新生児、そして家庭まで一貫してケアするものです。 新生児に対しては、早産で小さく生まれてくる児や、いろいろな病気を持った児 の治療を、小児外科、眼科、脳神経外科、形成外科、耳鼻咽喉科などの協力を 得ながら行います。

               

母体・胎児部門が6床、新生児部門が18床の集中治療ベッドをもっており、24時 間体制でハイリスク妊産婦とハイリスク新生児の受け入れが可能です。
院以外の施設 で出生した児の治療が必要な場合は、新生児科医が新生児専用 の救急車で出向き、当センターに搬送しています。
患者様は妊婦・産褥婦、胎児・新生児ということになりますが、センター内では 医師、助産師、看護師、臨床心理士を中心に他のコメディカルの協力も得ながら 単に患者様の治療をするだけではなく、母子を中心とした家族ごとをサポートで きるようにチーム医療を実践しています。
疾患により集中治療が必要でない新生児では母子分離を極力避け、母子同室での 治療も行っています。

     ; 
詳しくはそれぞれの部門の関連事項をご参照ください  

産科婦人科

新生児科

小児外科

麻酔科

眼科

脳神経外科

形成外科

耳鼻咽喉科

6A病棟    5B病棟    リソースナース室

薬剤部    妊娠と薬外来