hd_cancerUrinary01.jpg

前立腺がん

前立腺がんは、前立腺の細胞が正常な細胞増殖機能を失い、無秩序に自己増殖することにより発生します。前立腺がんは一般に成長、増殖するのが遅く、高齢者に多く発生します。
早期前立腺がんは手術や放射線治療で治癒することも可能です。また、比較的進行がゆっくりしているという特徴があります。

btn_urinary01.png

膀胱がん

膀胱は腎臓で作られ尿管を通って運ばれてきた尿を一時的にためておく袋の役割をもつ臓器です。内側は移行上皮という細胞という細胞でおおわれています。
膀胱がんのほとんどは、この移行上皮の細胞ががん化したものです。

btn_urinary01.png

腎がん

腎臓は、背骨の両側のちょうど腰の高さのところに左右1つずつあるソラマメのような形をした臓器です。血液によって運ばれてきた体内の老廃物をこして、不要なものを尿として排泄する働きがあります。腎臓にできる癌には、成人に発生する腎癌(腎細胞癌)と腎盂癌、小児に発生するウィルムス腫瘍があります。

btn_urinary01.png

腎盂尿管がん

腎盂(じんう)は腎臓の一部で、尿管は腎臓と膀胱(ぼうこう)をつないでいる長い管のことです。どちらも、腎臓でつくられた尿を集めて膀胱に運ぶ働きをしており、腎臓と同じように左右に1つずつあります。腎盂と尿管は上部尿路と呼ばれ、ここにできるがんは「腎盂尿管がん」という1つのグループとして扱われます。治療法にもあまり差がないために、両方をまとめて考えることが多いのです。

btn_urinary01.png

精巣腫瘍

精巣腫瘍の多く(95%)は精母細胞から発生します。精母細胞のように生殖に直接関係のある細胞を生殖細胞あるいは胚細胞とよぶため、精巣腫瘍は胚細胞腫瘍とも呼ばれます。

btn_urinary01.png

陰茎がん

陰茎がんは、陰茎に発生する極めてまれながんで、わが国では人口10万人当たりの発生率は0.4~0.5と1名未満の発生率で、死亡率は0.1程度です。年齢別にみた罹患(りかん)率は、60歳から80歳で高く、65歳から70歳にピークがあります。

btn_urinary01.png

泌尿器科過去5年間の手術件数

岡山医療センター泌尿器科の過去5年間の手術件数です。

btn_urinary01.png