hd_cancerUrinary03.jpg

1.腎癌とは

腎臓は、背骨の両側のちょうど腰の高さのところに左右1つずつあるソラマメのような形をした臓器です。血液によって運ばれてきた体内の老廃物をこして、不要なものを尿として排泄する働きがあります。腎臓にできる癌には、成人に発生する腎癌(腎細胞癌)と腎盂癌、小児に発生するウィルムス腫瘍があります。まれながんとして肉腫(にくしゅ)あります。ここでは、腎癌(腎細胞癌)について説明します。腎癌にかかる率=罹患(りかん)率は50歳代後半以降に増加し始める傾向にあり、男性に多い癌です。発生の危険因子として肥満、高血圧、喫煙などが明らかになっています。また、透析を受けている方では、腎癌の罹患率が高いと考えられています。腎癌は、早期に発見されれば手術(診断から治療まで泌尿器科医が担当します)での完治も可能です。症状が続くときはもちろんですが、症状がなくても検診などで腎臓の「おでき」を指摘されたときには早めに受診することが腎癌の早期発見につながります。

2.検査と診断

腎癌の診断は、まず腹部の超音波(エコー)検査によるスクリーニングを行うのが一般的です。超音波を使って腎臓の様子をみることで、癌と血管の位置がよくわかります。偶然発見された腎癌の多くが、超音波検査によるものです。腎嚢胞(じんのうほう)や、良性腫瘍である腎血管筋脂肪腫(じんけっかんきんしぼうしゅ)との鑑別診断にも有用です。診断には造影CTが非常に重要です。腎癌の場合は、腫瘍に針を刺すと癌を周囲にまき散らしたり転移する危険があるので、針生検は通常行いません。従ってCTで腎癌を疑った場合には,腎臓を摘出(全摘=がんを含めた腎全体を摘出,または部分切除=がんの部分のみを摘出して正常部分を残す)することが診断と治療をかねた第一歩となります。悪性腫瘍(腎癌)か良性腫瘍(腎血管筋脂肪腫など)かの組織判断は,手術を行うことによって判明しますが,ほとんどの場合,術前の造影CTで診断がつきます。必要に応じてMRIも行います。

3.病期(ステージ,進行度)

病期とは、癌の進行の程度を示す言葉で、英語をそのまま用いてステージといいます。説明などでは、「ステージ」という言葉が使われることが多いかもしれません。1〜4の病期に分けますが、ローマ数字が使われ、I期,II期、III期、IV期に分類されています。病期は、癌の大きさや周辺の組織のどこまで広がっているか、リンパ節や別の臓器への転移があるかどうかで決まります。簡単に記載すると以下のようになります。

I期 腎癌の直径が7cm以下で腎臓にとどまっている。
II期 腎癌の直径が7cmを超えるが腎臓にとどまっている。
III期 腎癌が腎静脈または周囲の脂肪組織まで及んでいる。
または所属リンパ節に1個までの転移がある。
IV期 別の臓器に転移がある。または所属リンパ節に2個以上の転移がある。

4.治療

1)手術療法

腎癌の標準的な治療法は、手術です。病期にかかわらず、癌のある側の腎臓のすべて、または部分的に摘出することが一般的です。肺や骨に転移があっても腎臓の摘出を行うことは少なくありません。この手術によって,腎癌の詳しい組織型(がん細胞の種類)がわかります。腎癌にはいろんな細胞の種類があることがわかっています。腎癌の組織型によって,薬の効きやすいものやがんの進行が早いものがある程度,予測できます。

当院における手術の方法
  1. ミニマム創(小切開)による腎部分切除術:早期腎癌に対しては,できるだけ正常な腎臓をの  こすために癌の部分のみを切り取る手術を行っています。また腎機能に少しでも悪影響を及ばさな いように血液を遮断しない無阻血法を可能な限り行っています。皮膚の切開創は8cmくらいですが,場合によっては切開を延長します。
  2. ミニマム創(小切開)による腎摘手術:腎癌の部位によっては,腎部分切除術が困難な場合や,腎癌が大きい場合には腎臓を丸ごと摘出します。片方の腎臓が正常に機能していれば,癌のある方の腎臓を全摘しても,通常は腎不全にはならないので,心配ありません。皮膚の切開創は8cmくらいですが,場合によっては切開を延長します。
ミニマム創手術(腹腔鏡補助下小切開手術)について

近年、体の負担が少ない手術として「ミニマム創手術(正式名:腹腔鏡補助下小切開手術)」が広まりつつあります。従来の開腹手術は約15~20cmの創、腹腔鏡手術は径1cm大の穴を3~4か所で行うのに対し、小切開手術は5~8cmの創1つで手術を行うものです。

  • 近年、体の負担が少ない手術として「ミニマム創手術(正式名:腹腔鏡補助下小切開手術)」が広まりつつあります。従来の開腹手術は約15~20cmの創、腹腔鏡手術は径1cm大の穴を3~4か所で行うのに対し、小切開手術は5~8cmの創1つで手術を行うものです。
  • 創の大きさ以外は従来の開腹手術と全く同様の手順、技術で行うのでこれまでの開腹手術の経験を生かした安全な手術が可能です。
  • 腹腔鏡手術の弱点に、"組織を縫合したり糸をしばる操作が難しい"、"不慮の出血への対処が難しい"、という点がありますが、小切開手術ではどちらも問題ありません。
  • 腹腔鏡手術では使い捨ての高価な道具や、二酸化炭素でおなかをふくらませる必要がありますが、小切開手術ではどちらも必要ありません。
  • 肉眼(立体視、広い視野)と内視鏡モニター(拡大視)の両方で患部を見ることができるのも大きなメリットの一つです。

2)薬物療法

  1. サイトカイン療法:腎がんには抗がん剤の効果はほとんど期待できませんが、サイトカイン療法によってがんの縮小や生存期間の延長が10〜15%程度で見込めます。特に、がんの転移がある場合などには、免疫力を高めるサイトカイン療法を行うのが一般的です。インターフェロンやインターロイキン2という薬(注射薬)を使います。サイトカイン療法の副作用としては、個人差がありますが、インフルエンザに似た発熱、関節の痛みなどが起こることもあります。
  2. 分子標的(ぶんしひょうてき)治療:分子標的薬というのは、特定のタイプのがんの増殖などにかかわっている物質をピンポイントに攻撃する新しいタイプの抗がん剤です。こうした薬剤によって、がんが大きくなるのを抑えて、生存期間を延ばせる可能性があります。転移のある腎がんに使用します。いろんな副作用(手足に水疱ができたり,血圧の上昇や味覚障害など)がありますが,適宜対症療法をおこなって治療を継続していきます。内服薬と注射薬があります。

3)凍結療法

手術が困難な方で癌が小さい場合は,MRIやCTなどの画像を見ながら、腫瘍に直接針を刺し、腫瘍を凍結、壊死させる治療法です。治療時間は、治療する病変数や大きさにより様々ですが、通常は1時間~2時間程度で終わります。現在,当院では行っていませんので,岡山大学病院に紹介しています。

5.当院のデータ

1)手術統計

手術統計

2)病期別割合

腎の悪性腫瘍
腎の悪性腫瘍
腎の悪性腫瘍ー男女別
腎の悪性腫瘍ー男女別
腎の悪性新生物-男女別年齢別分布2008-2013
腎の悪性新生物-男女別年齢別分布2008-2013
2012-2013腎がんの病期分類(UICC第7版を使用)
2012-2013腎がんの病期分類