hd_cancerUrinary05.jpg

精巣とは

精巣は、男性の陰嚢内部にある卵形をした臓器です。左右に1つずつあって、睾丸とも呼ばれています。精巣には、男性ホルモンを分泌する役割と精子をつくる役割があり、それぞれ別の細胞によって行われています。男性ホルモンを産生するのが、ライデッヒ細胞、精子をつくるもとになるのが精母細胞です。

精巣腫瘍の発生場所

精巣腫瘍の多く(95%)は精母細胞から発生します。精母細胞のように生殖に直接関係のある細胞を生殖細胞あるいは胚細胞とよぶため、精巣腫瘍は胚細胞腫瘍とも呼ばれます。

精巣腫瘍の頻度・リスク因子

精巣腫瘍にかかる割合は10万人に1人程度とされ比較的まれな腫瘍です。しかし、他の多くのがんと異なり、20歳後半から30歳台にかけて発症のピークがあり、若年者に多い腫瘍です。実際に20から30歳台の男性では最も頻度の高い固形腫瘍とされています。
また、精巣腫瘍になりやすいリスク因子としては家族歴(家族に精巣腫瘍になった人がいる場合)や、停留精巣(乳幼児期に精巣が陰嚢内に納まっていない状態)があったこと、反対側の精巣に腫瘍があったことなどが挙げられます。また、男性不妊症、特に精液検査で異常のある男性で精巣腫瘍のリスクが高いとされています。

当院での精巣悪性腫瘍患者数の年次推移
当院での精巣悪性新生物-年齢別分布2008-2013

精巣腫瘍の症状

精巣腫瘍の主な症状として、片側の精巣が大きくなり、硬くなります。しかし、多くの場合痛みや発熱がないため、かなり進行しないと気付かないことも少なくありません。また、精巣腫瘍は比較的短時間で転移(腫瘍が離れた臓器に移動して、そこで増えること)を起こします。症状を疑った時はすぐに医療機関受診をお薦めします。

検査

①触診

最初に陰嚢内のしこりについて確認します。腫瘍が小さく、精巣の一部を占めるだけの時には、腫瘍は柔らかい精巣の中に硬いしこりとして感じられます。腫瘍が精巣内をほとんど占めるように広がると、精巣全体が硬いしこりとして感じられます。

②腫瘍マーカー

 腫瘍マーカーとは、腫瘍細胞が作り出す物質で、腫瘍の種類や性質を知るための目安となるものです。血液検査にて測定します。精巣腫瘍の診断では、腫瘍マーカーが重要な役割を占めます。代表的な腫瘍マーカーにはAFP(αフェトプロテイン)、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)およびhCG-β、LDH(乳酸脱水素酵素)があります。これらの腫瘍マーカーは、治療効果の判定や治療後の経過観察にも用いられます。
ただし、すべての種類の腫瘍が腫瘍マーカーを作り出すわけではなく、他の病気によってもこれらの腫瘍マーカーの数値は上昇することもあります。

③超音波検査

超音波検査では、陰嚢の表面に超音波を当てて臓器から返ってくる反射の様子を画像にすることで精巣の内部を観察します。

④画像診断

画像診断は、腫瘍の性状や広がり、転移の有無を調べるために行われます。
CT検査は、X線を用いて体の内部を描き出す検査で、腫瘍の状態や周辺の臓器への広がり、肺やリンパ節などへの転移の有無を調べることができます。精巣腫瘍は早期に転移することが多いため、非常に重要な検査です。より詳しい情報を得るために、通常は造影剤を注入しながら検査を行います。CT検査で造影剤を使用する場合、アレルギーが起こることがありますので、喘息などのアレルギーのある方や以前に造影剤のアレルギーを起こした経験のある方は、医師に申し出てください。

診断

精巣腫瘍は非常に進行が速く、転移しやすいという特徴があります。そのため、精巣腫瘍が強く疑われる場合には、病気のある側の精巣を摘出する手術を行います。そして、手術で取り出した精巣を顕微鏡で調べる(病理検査)により精巣腫瘍と確定診断されます。
同時に腫瘍の種類(注1)と、CTなどの画像診断によって病期(注2)を確定します。それらによって、その後の治療方針が異なります。

注1:精巣腫瘍は病理診断と腫瘍マーカーの値によって、大きくセミノーマ(精上皮腫)とそれ以外の非セミノーマ(非精上皮腫)の2種類に分類されます。この分類はそれぞれの病状や治療方針が異なることから行われます。非セミノーマには、腫瘍のもとになった組織の種類によって、胎児性がん、卵黄のう腫、絨毛がん、奇形腫などの種類がありますが、これらの成分が混在している場合も多くみられます。

注2:病期とは、腫瘍の進行の程度を示す言葉です。病期は腫瘍の大きさや周辺の組織のどこまで広がっているか、リンパ節や別の臓器への転移の有無によって決まります。

病期には、ローマ字が使用され、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期などと分類され、数が多くなるほど、腫瘍が広がっていることを示します。また、治療方針の決定に有用であることが多いことから、画像診断などでわかる腫瘍の広がりに加えて、腫瘍マーカーの値も含めるIGCC分類も用いられています。

治療

腫瘍がセミノーマであるか非セミノーマであるかによって、治療方針が異なります。
化学療法の発達により、転移のある場合でも精巣腫瘍の治療成績は比較的良好です。
一般的にはⅡ期以上の患者さんでも70~80%が治るとされており、もっとも抗がん剤の治療効果の高い固形腫瘍と考えられています。

①手術

高位精巣摘出術

精巣腫瘍の場合、基本的に全員が実施される手術です。精巣は血管と精子の通る精管が束になった精索という管でおなかの中につながっています。精巣腫瘍は、この精索を通り転移することが多く、精巣を摘出する際には精巣だけでなく、この精索のお腹に入る手前まで取り除きます。この手術方式が高位精巣摘出術といわれています。

その他、後腹膜リンパ節郭清術、転移巣切除術などがあります。

②化学療法(抗がん剤治療)

精巣腫瘍は化学療法の効果が非常に高いとされ、転移のある場合でも化学療法を中心とした集学的治療により根治が期待される数少ない悪性腫瘍の一つです。明らかな転移のないⅠ期でも再発の可能性が高い場合や、転移のあるⅡ期以上の多くは、化学療法による治療が行われます。ただし、転移のある非セミノーマの場合、術後の化学療法のみでは治らない場合も多く、化学療法後の残存腫瘍に対する再手術が必要となることもあります。
化学療法では、多くの場合複数の作用の異なる抗がん剤を組み合わせて治療を行います。治療の効果を把握するために画像検査による腫瘍の縮小の有無や、血液検査による腫瘍マーカーの値の変化を調べていきます。治療に用いる抗がん剤によって起こる副作用は異なります。

③放射線治療

放射線治療は腫瘍に放射線を当てる事で腫瘍細胞を傷害し、腫瘍を小さくする治療です。セミノーマでは、放射線治療が特に有効であり、Ⅰ期のセミノーマの再発予防のためとⅡ期のセミノーマの比較的小さなリンパ節転移に対して行われることがあります。非セミノーマでは放射線治療の効果はあまり期待できないため、初期治療として選択されることはあまりありません。

治療前の精子保存について

精巣腫瘍に対する治療では、患側の高位精巣摘出術が標準として行われます。
通常であれば反対側の精巣は温存されるので、造精機能(精子を作り出す機能)は維持されます。しかし、両側の精巣を切除する場合や手術後に放射線治療や化学療法を行う場合は、精子の凍結保存という方法も考えられます。
抗がん剤治療の前に精子を保存するのは、化学療法後最低2年間は正常な精子はできなくなるとされ、特に大量の抗がん剤を使用した場合は造精機能が完全に失われる場合もあるからです。特殊な方法で精子を凍結保存することによって、数年間保存することが可能で、必要なときに体外受精に使用することができます。また精子自体が少ない疾患を患っている場合は、精巣内の精子採取術を行うこともあります。

経過観察

治療を行った後の体調確認のため、また転移や再発の有無を確認するため定期的に通院します。再発の危険度が高いほど頻回、かつ長期的に通院することになります。
精巣腫瘍は、初期の段階で治療を受けても再発の危険性があることが知られています。そのため、治療後1年以内は毎月、2年目は2か月ごとというようにスケジュールを決めて、腫瘍マーカー測定や画像検査を行います。また治療後長い期間が経過した後に再発する場合もあるため、5年以降も年に1回は検査が必要です。