初期研修プログラム

*

全28診療科の自由選択が可能!

臨床医療におけるミニマムリクワイアメントを確実に習得することを目的とし、 内科6ヶ月、外科1ヶ月、小児科1ヶ月を必修にしています。 救急3ヶ月の内、1ヶ月を麻酔科で、残り1ヶ月は自由選択としており、 1年目で2ヶ月、2年目では11ヶ月に及ぶ、院内28診療科から自由に選択できる期間を設けています。

研修プログラム

研修スケジュール

初期臨床研修では、各科をローテーションしながら実践的に学んでいきます。ローテーションは、以下の表に準じて行います。

初期臨床研修医 研修スケジュール 一年次

*

初期臨床研修医 研修スケジュール 二年次

*

岡山医療センターでは、平成23年度より大幅な初期臨床研修プログラム改訂を行いました。「よりよい研修システムとは?」その問題に絶えず取り組み、研修医の意見と指導医の考え、それらを総合して新たなプログラムを作成しました。 その要点は、以下の通りです。

1. 13ヶ月(救急の1ヶ月を含む)の自由選択期間
初期臨床研修の2年間において、13ヶ月(救急の1ヶ月を含む)の自由選択期間を設けました。その期間に、当院の全28診療科において研修が可能となりました。 ※救急の1ヶ月間は、日直・夜間救急研修で換算します。これに相当する1ヶ月間は選択期間となります。
2. 内科6ヶ月・外科1ヶ月・小児科1ヶ月は必須項目
どの領域においても役立つプライマリ・ケア能力を養うために、内科6ヶ月・外科1ヶ月・小児科1ヶ月を必須項目としました。我々の病院で是非これらの科目を学んで欲しい。指導医の思いを込めたプログラムです。
3. 気管内挿管を実践できる麻酔科1ヶ月研修
救急研修期間中に、気管内挿管を実践できる麻酔科1ヶ月研修を盛り込みました。豊富な手術症例を通じて、気管内挿管とともに麻酔時の全身管理も学ぶことができます。救急時の対応に必ず役立つ技術となるはずです。
4. 自由選択科目に関しては、特定コース選択は不要
自由選択科目に関しては、採用前に内科系・外科系・小児系などの特定のコース選択をする必要はありません。当院での臨床経験や先輩医師からのアドバイスを元に、採用後に科目選択をすることができます。 ※精神科は、必要に応じて必須選択となります。
5. 地域研修 精神科研修
2年目において地域研修1ヵ月、自由選択にて、精神科研修1ヵ月を必要としています。研修先の協力型病院・施設です。
精神科
  • 岡山大学病院
  • 岡山県精神科医療センター
  • 公益財団法人慈圭会慈圭病院
地域研修
  • 尾道市立市民病院
  • 社会医療法人緑壮会金田病院
  • 矢掛町国民健康保険病院
  • 渡辺病院

各科の初期臨床研修プログラム

全診療28科、各科の平成29年度初期臨床研修プログラム内容をご覧いただけます。各科の概要と特長、研修の基本指針、研修予定表などを掲載しています。 PDFファイルでご用意していますので、ダウンロードしてご覧ください。
尚、平成30年度初期研修医募集要項については、「研修医募集について」ページをご覧ください。

研修プログラムをまとめたPDFファイルをダウンロードできます。

岡山医療センター初期臨床研修プログラム-全科.pdf

内科系

診療科毎に内科系の研修プログラムをご覧になりたい場合は、以下よりダウンロードしてください。

外科系

診療科毎に外科系の研修プログラムをご覧になりたい場合は、以下よりダウンロードしてください。

小児系

診療科毎に小児系の研修プログラムをご覧になりたい場合は、以下よりダウンロードしてください。

その他

診療科毎にその他の研修プログラムをご覧になりたい場合は、以下よりダウンロードしてください。

▲このページのトップへ